こんな家が出来ました

管理人手作りの家

丸ノコの話

電動工具の丸ノコは、ホームセンターで1万5千円前後で買えます。
一番活躍の機会が多いのですが、一見してわかるとおり一番危険な工具でもあります。

とはいえ、基本を守ってさえいれば怪我することはありません。


私も、家作りの作業全体を通して、(丸ノコに限らず)一度も怪我をしませんでした。


怪我をしないための基本とは、電動工具全般に言えることですが、こまめにコンセントからプラグを抜くこと。


電源を入れっぱなしで歯の交換をするなどは論外ですが、歯の角度を変えるときや、切れ込み深さを替えるときにも、いちいち抜きましょう。


一見面倒なようでも、癖をつければ何ともないです。

それよりも、万一にも怪我をしたら大変ですからね。




丸ノコは木材の切断全般に活躍するほか、ブレードを交換すれば、木材以外のもの、例えば外壁用のサイディングなども切れます。


丸ノコより安全な工具としてジグソーがあり、日曜大工の入門編としてよく本などで勧めていますが、丸ノコとはスピードやパワーが全然違うため、ジグソーでは仕事になりません。


丸ノコは、ノコ歯の径が190ミリ前後のものと、160ミリ前後のものが多く売られていますが、在来工法で家を造るなら190ミリのが便利です。 ただし重いですが。


柱材などの太さは通常3寸5分や4寸、即ち105ミリや120ミリを使うことが多く、これを切れなければ困ります。


もちろん一度では切れませんが、径190ミリの丸ノコだと、最大60ミリくらいの木材を切れますから、120ミリの柱材を上と下の両方から切れば大丈夫ということになります。


・・・・・PS・・・・・

最近は、女性でもジグソーなどの電動工具を使いこなして、カントリー家具や小物をつくる人が増えています。


いつぞや放送されたTVチャンピオン「カントリー家具決戦」で優勝した女性は、以前から丸ノコが欲しくてたまらず、スウィート10の記念に夫から丸ノコを買ってもらったと言っていました。

スウィート10に、ダイヤの指輪ではなく丸ノコ・・・(-_-;)


奥さんは昼間、丸ノコを駆使してバリバリと家のリフォームを・・・

旦那さんは一日中パソコンと睨めっこ・・・

なんてことも、全然不思議でない時代なんですね。






 豆知識の目次へ

自分で家を建てるためのワザがギッシリ詰まった画期的なDVDビデオ

経験のない方でも、これを見れば一目瞭然!
別荘・工房・ガレージ等々を、自分ひとりで作れるようになります(^^)v

≫≫  詳しく


[ホ−ム] [BBS] [家作り] [小屋作り] [豆知識] [簡単DIY] [参考書] [サイトマップ]