ゴミストッカーを作る


階段下のデッドスペース気味の場所を利用し、大容量のゴミストッカーを作って設置しました。
ゴミをそれぞれ分別してストックしておけるようにしたものです。

DIYで作ったゴミストッカーゴミの種類ごとに分別する箱の様子普通ゴミを収納する巨大引き出し

ゴミストッカーというと、屋外に置くケースが多いかもしれないですね。
でもうちでは、屋外にゴミを置きたくない理由があるのです。

それはつまり・・・が来るかもしれないこと! (((;゚Д゚)))

うちの自治体のゴミ分別は、カンなどの金属類、ビン類、ペットボトル、新聞紙やダンボールなどの資源ゴミ以外は、すべて「普通ゴミ」として出します。
「普通ゴミ」は紙やプラスチックなどのほかに「生ゴミ」も入っているので、山が近いわが家では、生ゴミを外に出すと、その匂いに熊が引き寄せられる恐れがあるのですよ。たとえケースに入れたとしても、熊の嗅覚はすごいからねぇ~

この自作ゴミストッカーは上下2段構造で、上の段には4つの箱があります。
それぞれの箱にビニール袋(ゴミ袋)をセットして、カン、ビン、ペットボトルを入れます。1箱は予備です。

下段は巨大な引き出しになっていて、普通ゴミを入れておきます。 キャスター付きなので出し入れはスムーズ(^^)v

構造的には、「かまち組み」で作ったパネルを側面、背面、前面上部に固定し、中段に仕切り棚を設け、下段用の巨大引き出しと、天板部分の扉を作って取り付けるという具合です。
主な材料は、ラジアタパイン集成材とOSBボード、ホワイトウッド羽目板になります。

製作過程

1、本体作り

本体パネルのかまち枠の加工本体のパネル作り

「かまち枠」の材量は厚さ18ミリのラジアタパイン集成材

鏡板(中にはめ込まれる部分)のOSBボードをはめ込むために、巾9.5ミリの溝を切りました。
(OSBボードは厚さ9ミリを使用)

パネルの組立てこんな感じではめ込み、「かまち枠」どおしの接合は、ボンドとビスの併用です。
縦枠側からビス留めして、ビス穴はダボ埋め・・・というDIYでは最も一般的な方法

※ 「かまち枠」と「鏡板」はボンドで接着しません。収縮率が違うため、鏡板が湿度変化で自由に収縮できるようにするためです。

ゴミストッカー本体の主要部分できたパネルどおしをビス留めし、外枠の主体を作ります。

このゴミストッカーでOSBボードを多用しているのは、単に単価が安いから(^^ゞ
OSBボードは見た目が悪いけど、使用しているのはいずれも普段見えない場所なのでいいのです。

キャスターは、下段の巨大引き出しだけでなく、本体にも付けています。
そうしないと、モノが大きいだけに移動が大変。

2、内部の箱

分別用の箱作り次に、資源ゴミを入れるための箱を4個製作。
これも材量はOSBボードです。

箱のサイズは、内径で縦横とも31cm、深さ39cm
これで、市販の容量45リットルのゴミ袋が丁度良くセットできます。

箱を本体に固定ボードの切断面はガサガサで手を切りやすいので、上部の切断面には粘着テープを貼って保護しています。

本体中段に、1×4材を3本掛け渡し、上記の箱を乗せるためのブリッジにします。 箱はそこにビス留めで固定

箱と箱の間は、35~50ミリの隙間をあけ、ゴミ袋をセットする際に手を入れるスペースになります。

ゴミストッカー本体と、内部の分別箱本体が箱が固定された状態。

手前側が前面。 つまり普段見える側には、鏡板としてOSBボードではなく、見栄えの良いホワイトウッド羽目板を使いました。


3、下段の巨大引き出し

キャスター付きの巨大引き出し巨大引き出しはこのようになりました。

前面は本体前面パネルと同じ作り。これにタモ材から切り出した自作の大型取っ手をつけます。

後ろ側から見た巨大引き出し引き出しを後ろ側から見たところ。

底面から見た巨大引き出し引き出しの底には、もちろんキャスターを取り付けます。

ゴミストッカー本体に引き出しを挿入本体に、巨大引き出しを挿入

本体に収まった引き出しうまく収まりました。

あとは天板として、2枚の扉をつけるだけ

4、天板の扉

扉のかまち枠の加工扉も材料はほぼ同じ。

しかし、天板なので埃が付きやすく、水拭きすることも多いと思われるのと、見た目のアクセントを兼ねて、白で塗装します。

かまち組みを組み立てる前に、あらかじめパーツを塗装しておきます。
塗料は白の水性ペイント2回塗り。

鏡板に使用する化粧合板とOSBボード鏡板にはOSBボードと、白色の特殊加工化粧合板をサンドイッチしてはめ込みました。

この化粧合板は工房の屋根断熱に使った材の残材ですが、表面がツルツルで水にも強く、うってつけ。
ただし厚さが2.5ミリしかないので、強度を上げるために厚さ9ミリのOSBボードと抱き合わせです。

ビスケットジョイントかまち枠をあらかじめ塗装しているので、ビスは使いません。

接合はビスケットジョイントです。これで縦枠と横枠を接合します。

扉の組立てクランプで圧締しています。

扉と本体をつなぐ丁番カントリー調の丁番で本体に取り付けました。

扉の取っ手開閉のための取っ手には、木製の球体を使用しました。
オスモオイル塗装

掴み具合がじつによろしい(^^)

扉の開閉状態扉がついて、めでたく完成!

 ゴミストッカーを作る