DIYで間仕切り壁(片引き戸付き)を作る


施工前
Before
引き戸付きのDIY間仕切り壁
After
引き戸付き間仕切り壁が出来た!

間仕切り壁が無かったときの納戸を、カーテンなどで取りあえず仕切っていました。
間口4尺(約1.2m)、奥行1間半(約2.7m)ほどあります。

ここに間仕切り壁を作り、右半分は引き戸にして、自由に出入りできるようにします。
壁面も引き戸も、全体に白を基調として、明るい雰囲気を醸し出したいものだ・・・とのコンセプトで施工開始!
果たしてうまくいくか?

1 床やレールを取り付ける

画像は施工前の様子

こんな感じで、勾配天井のため、奥に行くほど天井が低くなり、納戸(物置)としてしか使えない小スペースです。

自宅をセルフビルドした際、ここはどうせ納戸にするんだから出入り口の造作は後で考えることにして、まずは引越しだ・・・となり、床・壁の仕上げも後回しにしていたところです(^^ゞ

カーテンで目隠しし、雑多なものを突っ込んでいましたが、定期的に猫が入り込んで、収納している家具で爪とぎしていたようで・・・(´~`)

それに何と言っても見苦しいので、重い腰を上げて(笑)造作することにしました

片引き戸は戸車をつけてVレールの上を滑らせます。

そのため、フローリング材を幅90ミリにカットし、Vレールをはめ込む溝を切って、既存のフローリングに横づけします。

市販の複合フローリングは四方に実(さね)がついているので、既存のフローリングの木口面にある♀実に、今回追加する材の♂実を合わせます。

裏面に接着剤(木工ボンド)をつけて・・・

あて木を添えて、横から叩き込み

この板と、下地の根太の方向は平行なので、残念ながらフロア釘などでの固定ができません。

そのため、実のはめ込みによって浮き上がりを防ぎ、接着剤が固まるまでしばらく重石を乗せておきます。

Vレールのはめ込みVレールのはめ込み


( Vレールは金ノコで必要な長さにカット )

先端を鋭角に削った木片を用意すると、Vレールを楽にしっかり奥まではめ込みできますね (^^)v

フローリングの施工その後、納戸の床全面にフローリングを・・・

※ 木工ボンドはフローリング張りにはあまり良くないとされていますが、今回は小面積でしかも納戸ということで、わざわざ専用接着剤を購入せず、在庫していた木工ボンドを使っています。
本格的に部屋にフローリングを張るときは、ぜひ床専用接着剤を・・
※ フローリングの張り方はこのページをどうぞ

2 間仕切り壁を作る

間仕切り面の半分は、固定された壁なので、まずはその壁を作ろう(^o^)┘

といっても、木枠を固定してボードを張るだけ(^^ゞ
まあ、屋内の壁面なんてそんなもん
枠に使った材料は、一般に天井下地に使われる、スギの36×40の野縁材です。

一番のポイントは垂直に枠を固定できるか・・・ということなんですが、天井が勾配天井のため、先に木枠を作ってからはめ込むと、垂直にするのはかなり難しい

そこで、下げ振りを使って、勾配天井における木枠(横枠)の固定位置を記し、先に横枠だけを天井に固定した後、縦枠を横枠の木口に固定します。 これで簡単に垂直が確保できます。

既存の壁面との取り合い部に、見切りの板を取り付け

新しい壁面の端部にも見切り板を取付け、木枠やOSBボードの断面を隠します。
(これらは下地ではないので、見栄えの良いパイン材を使い、きちんとサンディングしています。)

納戸の内部も、今まで石膏ボードのままだった壁にクロス(再湿壁紙)を貼り、見切り材を取り付けました。

OSBボードにクロス(再湿壁紙)を貼っているところです。

妻に盗撮されました(^_^;

少し広めに貼り、コーナーに金ベラを当てて、余った部分をカットしています。

これでクロス貼り終了

勾配天井の部屋での、引き戸付き間仕切りの断面図今回の間仕切り壁の断面はこんな感じ

イラストの右側が納戸なので、引き戸を開くと、引き戸自体は壁の内側に納まるようになっています。


3 建具(引き戸)を作る

片引き戸の「鴨井」にあたる部材を、こんな断面形状で切り出しました。

勾配天井に直接取り付けるため、断面が斜め

引き戸が滑るところは、イボタ蝋を塗って滑りを良くするノダ

引き戸縦枠材の端部に、戸車をつけるための掘り込みをしています。

引き戸の「かまち枠」の材料は、反り・歪みが少ないことを期待して集成材を使用。 厚さ18ミリのラジアタパインです。

こんな感じで・・・

掘り込み面は納戸の内側になり、人の目に触れることはまず無いので、掘り込みが直に見えてもOKとします(^^ゞ

Vレール用の戸車がつきました。

引き戸を組み立てています。 

框組の枠材に溝を切って、中に鏡板を接着無しではめ込むという作り方で、基本的にこの引き戸と同じ作り方です。 

部材はすべて、白の水性ペイント2倍希釈を、2回塗りしています。

鏡板の下部は、自宅の内装に使った羽目板の残材を使用

羽目板を白く塗装したものをはめ込み

こんな感じ

(横枠材より出ているのは、縦枠材の溝に納まる部分です)

ウッドバーニング次に、鏡板の上部
こっちは目立つ場所だからねぇ~(^^)

4ミリ合板を水性ペイント2倍希釈で塗装した面に、ウッドバーニングを施しています。

色鉛筆で仕上げ

上の鏡板をはめ込み

白い引き戸の完成最後の縦枠と取っ手を取り付け、引き戸の完成!

4 完成!

片引き戸付きの間仕切り完成です。

引き戸は壁の内側をスライドします。 取っ手が壁に当たる4センチほど手前で止まるようになっています。
( そうしないと指を挟むからね・・)

Vレールと戸車なので、開閉はスムーズ(^^)v

引き戸付き間仕切り壁の下部下部はこんな感じ

猫と草花のウッドバーニングこれがポイントなのさ (^^ゞ

(うちは猫好きなんですよ・・)