コーヒーテーブルを作る

広告

DIYで作ったコーヒーテーブル

ちょっとした『お茶タイム!』に使えるコーヒーテーブルです。
キャスター付きなので移動が楽。 ウッドデッキの好きな場所へ置いて楽しみます。

もともと自分が欲しくて作ったわけではなく、ある時期に地元森林ボランティア団体から頼まれて木工教室の講師をしていたとき、製作課題の見本として作ったもの。

ほぞ組みや、相欠きなど、木工の技術を練習するのに丁度いい題材かな・・・と思った次第です。

設計図は以下のとおり。

テーブルの正面図。天板、幕板、柱、ベースの寸法と位置関係
※ この図面では天板の厚みが30mmになっていますが、以下の製作過程では25mmのパイン集成材を使っています。 実際の木工教室では、スギの無垢材を板剥ぎし、図面どおり30mm厚さで仕上げています。

テーブルの平面図。ほぞ組みの位置とビス留めの位置関係
広告

製作過程

テーブル下部(幕板、柱、ベース)の、加工前の部材天板以外の材料はごくありふれた2×4材

これをテーブルソーで縦半割にし、手押しかんな盤と自動かんな盤で所定の断面寸法に整えます。

今回の断面寸法は、柱は42×36
幕板とベースは36×36
ツーバイ材を半割すると、ちょうど良く取れる寸法です。

角のみ盤によるほぞ穴あけ角のみ盤でほぞ穴を掘ります。

完成したほぞ穴ほぞ穴の完成

すべて打ち抜きほぞ、つまり貫通しています。
打ち抜きほぞ穴をあけるときは、一方からだけ角ノミを入れると出口が荒れるので、必ず両側から角ノミを入れてやります。

柱のかんな掛け次に、柱の部材を作っています。

ほぞは、テーブルソーと『ほぞ取り治具』で切り出します。

すべての部材にかんなをかけてパーツの準備完了!

玄能による『木殺し』ベース部分は相欠きにした部材を十文字に組むので、しっかりと組めるよう事前に木殺しをしときます。

木殺しというのは、あらかじめ玄能などで叩いて木の繊維を少しつぶしておくこと。
叩かれた部分は少し細くなるので、組みやすくなります。
組んだ後は、叩かれてつぶれた部分が自然に戻ろうとするので、隙間無くピッタリ納まるというわけです。

相欠き加工した部材どおしの接合あて木をして叩き込みます。

十字に組みあがったベース十文字のベースが出来ました。

バンドソーで『くさび』を切り出す次に、くさびを作っています。

くさびの材量は堅いのが望ましいので、今回は広葉樹のタモから切り出しています。
バンドソーがあると楽ちん♪

「ほぞ」における切り込みと楔の関係ほぞ組みの際、『くさび』はこんな風に使います。(模式図)

『ほぞ』にあらかじめ鋸で切り込みを入れておき、組んだ後で、切り込みの中にくさびを打ち込むと、ほぞが広がろうする力が働くので、しっかりとした組手が出来るというわけです。

トリマーによる面取り部材の角を面取りし、サンディング。

加工を終えたパーツ天板以外のパーツが揃ったよ。


広告

組立て作業。クランプによる圧締組立て作業

『ほぞ』と『ほぞ穴』の両方に接着剤を塗り、
柱の『ほぞ』を、幕板とベースの『ほぞ穴』に挿し込み、ポニークランプで締め付けています。

ほぞの先端に楔を打ち込むその後、『くさび』を打ち込み

楔の余分な部分をカット余分な長さをカットして・・・

ほぞの先端と、楔の位置関係『ほぞ組み』はこんなふうに納まりました。

極めて頑丈です。

テーブルの脚部分の完成脚部分の組みあがり

天板と接合させる幕板のビス穴天板には、幕板から4か所のビス留めで固定

固定に使うビスとワッシャー幕板と天板を固定するためのビス

木材の収縮に対応できるよう、ワッシャーとセットで用います。

ビスの太さをノギスで計測ビスの直系を測り、幕板にあけるビス穴は、ビスの直系より太くしました。

これにより、ビスは天板にしっかり打ち込まれますが、幕板を貫通している部分では『遊び』があります。

天板が乾燥収縮してもその誤差を『遊び』で吸収するため、「天板に無理な力がかかって割れる」という事態を防ぎます。

天板と脚部を接合した状態天板と脚部の接合完了

キャスターの取り付けキャスター4個を取り付けます。

塗装前の状態出来た

塗装前の状態

塗装後の完成品塗装して完成!

塗装は、水性ステイン(ウォルナット)を2回塗り+水性クリアニス1回塗り

完成したベース部分ベース部分のアップ

テーブル自体が軽く、キャスターもついているため移動がとても楽!

広告
  コーヒーテーブルを作る