屋根付き2階建てテラスを作る工程

基礎を作る

DIYで作った布基礎

ウッドデッキといえども、なにしろ2階建てで屋根もありますからね。 屋根には雪も積もるし・・・
しっかりした基礎を作りますよ~

布基礎作りの手順

遣り方の設置後きちんと、縄張り⇒水盛り⇒遣り方の手順を経て正確な位置出しをした後、今回はひたすら人力で溝掘りだよ。

基礎の床堀完了腰痛を我慢し、なんとか掘ったぜ(^^)v

成果を眺め、しばし悦に入る (^^ゞ

砕石投入次に砕石投入&突き固め

型枠にするコンパネに、剥離剤として灯油を塗る型枠は、使い回しの古いコンパネを使用。

生コンがくっつかないよう、事前に灯油(剥離剤替わり)を塗ります。

型枠の組立作業型枠組立

こういうのは事前にコンパネの割り付け図を描いておいて、所定の位置にセパレーターの穴をまとめてあけておくと作業が速い。

完成した型枠あっという間に組み立てました。

普通、布基礎には「フーチン」と呼ばれるベース部分があり、全体として断面が逆Tの字型になるんだけど、今回作る2階建てテラスは重量が軽いし、ここの地盤はしっかりしてそうなので、立ち上がり部分のみの「I」の字型の基礎にしました。

鉄筋とアンカーボルトの配置鉄筋も入れてます。

アンカーボルトも所定の位置にセット

※ アンカーボルトの位置は、土台材の割り付けが決まっていないと決まりません。だから軸組みの設計ができていないとアンカ-ボルトは入れられません。

コンクリートミキサーで生コンを練る今回、生コンを買うのではなく、コンクリートミキサーを使って自分で生コンを練り、打設します。

時間はかかるけど、マイペースで一人でやれるので気楽♪

この程度の規模なら十分1日で余裕です。

型枠にコンクリートを打設したコンクリート打設終了!

夏なので3~4日ほど養生させます。






型枠脱型後の状態型枠をバラしてみました。うん、まずまず。

モルタルで天端均し次にモルタルで天端均し

布基礎完成完成しました。

基礎パッキンを全周に敷いた土台を敷く前に基礎パッキンを敷き並べます。

今回用いたのはロングタイプ
これを全周に隙間なく敷き、通風の確保とともにネズミなどを侵入させないようにします。

基礎全体の完成画像さあこれで、土台や柱を組むのを待つばかり

  

こんな記事も読まれています

縄張り、水盛り、遣り方 基礎工事の土工について 生コンの配合って何? 鉄筋を加工するには 砕石の価格や入手法方法について DIY的な型枠の作り方 コンクリートミキサーを使ってみた アンカーボルトの位置