屋根付き2階建てテラスを作る工程

木材の準備・加工・塗装

屋根付きウッドデッキを作るための材料(塗装済み)

DIYとしては作るものが大規模で、しかも2階建てで高所もあるので、地上でできることは出来るだけ地上でやってしまいます。
今回作る2階建てテラスは、ウッドデッキの材料ももちろんだけど、むしろ2階建ての構造物を支えるための構造材、まさに家の建築に準じた柱や梁・桁・母屋などがけっこう必要になります。

材料の購入先は、デッキ材は定番のウェスタンレッドシダーの2×6を、木工ランドから購入しました。

柱・梁・桁など建物構造材は、地元の盛岡にある株式会社北洲の建材・資材事業部、盛岡支店さんに依頼しました。
継手・仕口をあらかじめ加工してくれる『プレカット』と合わせて発注です。これは便利ですよ。

デッキ材

ウッドデッキ材の塗装場所
現場に取り付けてから塗装するのは面倒なので、最初に全部塗装してしまいます。

塗料はアサヒペンの油性ウッドガード、カラーはウォルナット
キシラデコールより安価で、性能は大差ないと聞きます。

油性は乾きに時間がかかるので、あらゆる材料の中で最初に塗装に取り掛かります。

塗装したデッキ材を手を汚さずに運ぶための自作治具ウマの上で両面を塗装した後、桟積みの場所へ移動する際、写真のような治具を使って板を運んでいます。

こうすると手が汚れることなくGood!

桟積みされたデッキ材けっこう大量


建物の構造材

プレカットされ納品された構造材頼んでいたプレカット材が届きました。

プレカットとは、こちらから簡単な設計図を渡すと、そのとおりに必要な部材を刻み加工して届けてくれる便利なサービス。
個人でも頼めます。

かつて『母の家』も同じところにプレカットを頼んで作りました。

ほぞ加工された小屋束超!短い小屋束もこのとおり加工済み

こんなに短くても機械でできるんだ~(感心)

継手と仕口の加工が施された梁丸みを帯びた、プレカット独特の継手加工

写真左側端部は『腰掛鎌継ぎ』の♀側

写真手前は『大入れ蟻掛け』の♀側仕口

水性塗料による塗装現場で組む前に塗装しちゃいます。

普通、家の構造材はこんなふうに塗装しないけど、今回はすべての部材が外に現しとなるため、耐候性や美観を保つためにも塗装は必須といえるでしょう。

この家全体の色調と調和するよう、『アイビーグリーン』のカラーを選びました。

桟積みされた構造材 ガーデン用の水性塗料です。臭いはほとんどなく、乾きも早い。

水性は油性に比べ耐久性がやや劣るといわれがちだけど、屋根の下で用いるので十分。

写真の太いのは梁・桁材

桟積みされた構造材(柱断面が正方形のは柱材

塗装された火打ち梁こちらは火打ち梁

筋交い、根太、破風の材料プレカットされていない普通の材木も調達しました。

写真右から筋交い、根太、破風板などになります。
断面寸法は筋交いが60×105
根太が60×90、横桟が45×45
破風板が24×240

  

こんな記事も読まれています

プレカットを利用するには 材木店から木材を買うには 材木の種類や寸法 ウッドデッキ作り