手すりの取り付け(ロフト階段へ)

DIYで取り付けた手すり
階段に手すりは付き物ですが、特に、自作したロフト階段(互い違い階段)は、普通の階段より急勾配なので、手すりがないと怖いです。

手すり本体や取り付け金具は、ホームセンターで普通に売られているし、取り付け作業も簡単♪

ただし今回は、ブラケットを固定するための下地が足りないので、まずは下地のとなる『柱』から作ることになります。


下地となる柱を取り付ける

ツーバイ材にダボ穴をあける新たに付ける柱は2×4材

柱といっても、家の構造材ではなく、単に手すりを固定するための下地なので、2×4材程度の太さで十分と判断

まずは、この柱の上端に、ダボを打ち込むための穴を3か所あけます。
(穴径は8ミリにしました)

ダボピンを挿し込むあけた穴にダボピンを挿入

ダボの位置出しこの状態で、柱を取り付ける既存の梁に、下から押し付けます。
梁にダボ穴をあける位置を出すためです。

本来は『ほぞ』で組めば一番安心なのですが、既存の梁にほぞ穴加工するのはとても厄介なので、
今回は、ダボ&金物で接合することにしました。

ダボピンであけた、目印の穴梁の下面に、ダボピンの小さな穴があきました。これが目印。

梁へのダボ穴あけ目印をたよりに、8ミリの穴をあけます。

ダボに接着剤付け柱のダボピンを抜き、接着剤をつけてダボを挿入

手すりの下地となる付け柱再び梁に接合

さらに金物で補強します。

付け柱上部付け柱下部付け柱の上部は『かね折れ金物』で、下部はロフト階段の部材にコーススレッド4本で固定しました。

手すりの下地としては、十分頑丈になりました(^^)v


手すりの取り付け

手すり取り付けのためのブラケット各種さて、手すりの取り付けです。

必要な部材は手すり本体のほかに、固定するためのブラケット。

手すり材はφ35ミリのものが一般的で、表面がすべすべしたのとか、凸凹したのとか、カラーもいろいろあるけど、
私は白っぽいタモ材の手すりを選びました。
必要な長さにカットします。

ブラケットはいろいろ種類がありますが、今回はこの3個だけ。

手すりの高さ

階段の手すり取り付け高さは、一般に75cmとか80cmなどと言われていますが、今回取り付けるロフト階段はとても急勾配なので、この常識はあんまりアテにしません。

実際に現場の階段に立ってみて、腕を曲げ、『このあたりに手すりがあればいいなぁ~』と感じた位置に取り付けることにしました。

とはいえ、階段の上部と下部で高さが違うと、感覚が狂って安全上よくないと思うので、高さはそろえます。

いったん決めた高さで、最上部の親柱から最下部の付け柱まで、水糸を張って位置出しをしました。
水糸にそって、鉛筆でラインを引いておきます。これで取り付け準備完了!

横通しブラケット手すりに横通しブラケットを固定しています。
ビスはブラケットを買うと付属しています。

手すり取り付け位置を示すライン今回ブラケットを固定できる下地は3か所。

中間点の梁に横通しブラケットを固定しています。
位置は、取り付けラインの墨線上にします。

手すりの上端部とエンドブラケット最上部は既存の柱にエンドブラケットで固定。
こちらも、取り付けライン墨を目安に・・

ビス頭にキャップをかぶせて完了
ブラケットのビスカバー

手すり下部のブラケット下部は付け柱に固定

ロフト階段手すりの完成完成しました!

 手すりの取り付け 
【 関連ページ 】⇒ ロフト階段の自作