2×4材で作ったウッドデッキ


家の裏口を出たところに作った、170×120cmのミニウッドデッキです。 2日あれば完成する小さな小さなデッキですよ~
北側にあり、風通しが良いので、夏にちょっと涼みたいときに重宝しています。

イスを2個並べられるサイズのミニウッドデッキ

材料はSPFの2×4材。 SPF材は耐久性が悪いため本来ウッドデッキには不向きなんですが、別のところに使う予定だった14フィートの2×4材が、訳有りで20本近くも余ってしまったため、それじゃ、ウッドデッキでも作っちゃえ! ということで、こちらに流用

将来はもっと広いデッキを作ることにしているので(いつのことやら・・)、とりあえず7、8年もってくれればいいかな・・・

1日目  デッキの束、桁、根太を組む

デッキを作る前の、自宅裏口

すでにある階段の2段目に、デッキの高さを合わせようと思います

小さなデッキなので束(柱)は四隅のみ。

束の立つ位置に穴を掘り、自宅基礎工事の際に余ったコンクリートで作った平板を埋め込みました。

板と水平器を使って2点間の高さの差を読み取る(イラスト)平板の高さはテキトーです。

地面は水平ではないので、左図のようにして、それぞれの平板の高さの差を読み取っておきます。

ウッドデッキの束と、受け材それをもとに4本の束を切り出しました。

束の材料はスギの
3寸5分角材。
(これも工房建築の余り材)

平板の高さが違うので、束の長さもまちまち。

デッキの桁や根太が乗る位置に、強度アップを目的に受け材を取付けました。

基礎パッキン束と平板が接する面には、住宅用の基礎パッキンを取り付ける予定。

パッキンは厚さ20ミリなので、その分を見込んで束の長さを切り出します。

束、桁、根太の配置はこんな感じ
ミニウッドデッキの根太、桁、束の配置図

2×4材の断面寸法不足をカバーする

ウッドデッキの場合、2×4材より2×6材を使うほうが一般的だと思います。 特に根太として1メートル以上のスパンを飛ばすには、2×4材では寸法不足

今回は余り材の有効利用ということで、2×4材しか無いので、桁や根太には、2×4材を幅方向に2段重ねて使うことにしました。

2本の束の間に桁を取り付けています。

2×4材を2本、クランプで締めつけて密着させながら固定していきます。

その上からコンパネを張りつけました。

2本の2×4材を一体化させるためです。

根太受け金具として、シンプソン金物を取り付けています。

位置は、端材を並べて現物合わせです。
これが一番!

根太受けの金物がつきました。

束のスギ角材には防腐剤を塗った上から、基礎パッキンを固定しました。

コンクリートの平板と、束の木材は直接接することがなくなり、吸水しないため、腐食しにくくなるハズ

根太の取付け

根太にも、防腐剤を塗った上から、桁のときと同じ要領でコンパネを張りつけました。

かなり頑丈そうな下地が出来ました。


1日目はこれで終了


2日目  床板とフェンスを作る

隙間は4ミリにしたので、4ミリのスペーサーを挟んで、床板を張っていきます。

側面と裏面は、出来てからでは防腐剤を塗れないので、先に・・

背面には自宅用の配管などがあるので、ラティスで隠しました。

前と横にフェンスをつけます。

下の図ではフェンスの筋交いが2×4材をそのまま使うように描いてますが、
これだと見た目が重い感じがしたので、実際には2×4材を半割りにして使いました。
デッキフェンスの正面図

フェンスと床板の固定は、フェンスの下枠材から床板へビス留めしているだけなので、傷んでも交換するのは簡単。

フェンスはをL字状、背面のラティスと合わせるとコの字状になり、少し押したくらいではビクともしない丈夫さになりました。


これで本体は完成

デッキはテーブルを置ける広さはないので、
フェンスの上にワンタッチで着脱できる棚を作りました。

画像の黄色矢印の取っ手が回転するので、フェンスの上枠を挟むかたちで固定します。

これで、夏の暑い日、日陰で涼みながらスイカを食える(^^)v

 2×4材で作ったミニウッドデッキ