[ホ−ム] [BBS] [家作り] [小屋作り] [豆知識] [簡単DIY] [参考書] [サイトマップ]
工事⇒ 基礎1 基礎2 刻み 軸組み 屋根 壁下地と窓 外壁 床組み 階段 配線 断熱材 換気システム 水周り 内装1 内装2
      道具・工具(締め付ける・打つ・固定する)
私が DIY で自宅をつくるために使った道具・工具は以下のとおりです。
一般的な日曜大工ということではなく、「家をつくるため」の必要性について、私が使ってみた感想を
の数で表してみました。

順番は、電動工具も手工具もごちゃまぜです。家づくりは大規模なのでどうしても電動工具の出番がとても多いですが、やっぱり手工具もかかせません。

こんな家が出来ました

管理人手作りの家
★★★=DIY で家をつくるなら是非必要と思われる
★★ =あると便利
  =なくてもそれほど困らない

【締め付ける・打つ・固定する道具・工具】

充電式電気ドリルドライバー 必要度=★ ★ ★
「木と木の接合には釘を使う」というのが昔の常識かもしれませんが、現代では釘よりもビス類のほうが主役です。

ビスは釘よりも断然保持力があるし、打ち直しも簡単なので、DIYや日曜大工にも最適だと思います。

当然、私のDIY建築でも、充電式電気ドリルドライバーは使用頻度のかなり高い工具となりました。

別に充電式でなくとも用は足りるのですが、やはりコードがない充電式は使い勝手がいいのです。

本格的に使うためには、バッテリーが2個以上あるものがオススメです。

1個を装着して使用している間に、もう1個のバッテリーを充電しておくのです。

もしもバッテリーが1個しかなければ充電している間は使えず、仕事になりません。


ドリルドライバーはその名のとおりドリルにもなりドライバーにもなりますが、トルクの調整が何段階にも出来るようになっています。

ドリルとして使用するときは最高にし、ドライバーとして使用するときは打ち込むビスの太さや長さをみてトルクを調整します。

細くて短いビスを打ち込むのに大きなトルクを選んでしまうと、ビスの頭をビットがなめて、空回りばかりしてうまく締め付けできないことが多いです。

インパクトドライバーは必要ないのか?

回転方向に打撃力が加わるインパクトドライバーは、力を必要とせず楽にビスを打ち込めるので人気がありますが、私はこれを持っていません。

あると便利でしょうが、普通のドリルドライバーでも用が足りました。



ドライバー 必要度=★ ★ ★
使用頻度は圧倒的にプラスドライバーの方が高いです。


ラチェットレンチ 必要度=★ ★ 
土台のアンカーボルトや、構造材に通した羽子板ボルトなど、各種ボルトナット類を締め付けるときにスパナを2本使うわけですが、一方をスパナで押さえて固定し一方でこのラチェットレンチを使うと楽に締められます。

口のサイズは各種ありますが、
DIY建築で一番多く使うのは19ミリと21ミリなので、裏表がそのサイズになっているもの1本持っていると事足ります。

ラチェットレンチは、ナットを締める作業のほかに、柄の部分を「シノ」(写真上)のように使って、
なまし鉄線を締め付けることに使えますから、ますます便利ですよ。


玄 能 必要度=★ ★ ★ 
片方の面は平面で、もう片方がわずかに凸面になっています。

釘打ちの最後の一発を凸面で叩くと、材料に傷がつかないというわけです。


釘締め 必要度=★ ★  
狭い場所などで玄能が届かないとき、釘の頭が完全に沈むようにするには釘締めを使います。

DIY建築では
フローリングを床に固定する際、フロア釘という専用の釘を打ちますが、実(さね)の上から打つため玄能だけでは完全に打ち込めないのでこれを使いました。



タッカー 必要度=★ ★ ★
ホチキスの親分

DIY建築では主に、タイベックという外壁の下地となる透湿防水シートを間柱に固定するときに使いましたが、それ以外でも何かと重宝しました。



コノキリ 必要度=★ ★ 
杭を打つときや、材木のホゾ穴にホゾを挿し込んで叩くときなどに使います。

本当は「掛矢(かけや)」という大きな木槌が欲しいのだけれど、値段の関係でこれで我慢しています。


ペンチ、プライヤ 必要度=★ ★ ★
針金や、なまし鉄線を切るための工具。

足場や型枠などの仮設物をつくるときには、なまし鉄線をよく使うため、ボルトクリッパが重宝します。


ハッカー 必要度=★ ★
鉄筋を組み立てるには、鉄筋どおしを合わせて「結束線」という針金を巻きますが、このハッカーという工具を使って簡単に巻くことができます。
 [道具TOP] [切る道具] [削る道具] [締める打つ道具] [穴をあける道具] [その他
[ホ−ム] [BBS] [家作り] [小屋作り] [豆知識] [簡単DIY] [参考書] [サイトマップ]
工事⇒ 基礎1 基礎2 刻み 軸組み 屋根 壁下地と窓 外壁 床組み 階段 配線 断熱材 換気システム 水周り 内装1 内装2