木製額縁フラワースタンドを自作する

自作の木製額縁フラワースタンド植え込みの一例 その1植え込みの一例 その2

隣町にある人気の花屋さんで、額縁タイプのフラワースタンドを初めて見たときは感激しました。
カッコイイ~!・・・これ、買うと高いので、自分で作れないか?

そう思ってDIYしています。 知人に頼まれて作ってあげたりもしたので、写真のものはかれこれ6台目

もちろん、市販されている額縁フラワースタンドとは(金具やサイズなど)完全に同じではありません。 あくまで自己流
これを玄関先に置くと非常に目立ちますね~ (^^ゞ

【 目 次 】

広告

木製なので材料はすべて木です。 組立後に白ペイント(ペンキ)で塗装します。
額縁本体の材料は、この例では厚さ18ミリのパイン集成材、厚さ15ミリのパイン材、厚さ12ミリのスギ材 の3種類を使っていますが、たまたまパイン材の在庫があったからそうしただけなので、樹種はすべてスギなどに統一しても良いでしょう。

木材以外には、背面板としてプラダンシート(厚さ4.5ミリ)と、脚の開き止めにチェーンを少し使います。 花苗を額縁いっぱいに植え込む場合は、さらにプラダンシート少々と、太めの針金が要ります。

額縁本体の設計図

額縁本体の設計図

脚の設計図

脚の材料は主に30×30ののスギ角材です。
三脚のように開くため、前脚2本の上端は斜めにカットします。
脚の設計図

前脚上端のカット角度
前脚上端のカット角度イラスト

パーツ図

主なパーツの寸法です
各パーツの寸法図

1、額縁前面枠を作る

板の切り出しラジアータパイン集成材(厚さ18ミリ)を、テーブルソーで切り出し、木端面(切断面)を鉋削り

45度の墨付け留め定規で45度にカットラインを引き

45度のカット>再びテーブルソーで45度カット</p>
    <p><img src=パーツが揃いました。

ビスケットジョイントカッターによる切り込みビスケットジョイントカッターで、木口に切り込みを入れます。

鉋による面取り組む前に、組んでからでは削りにくい内側を、鉋で面取り

ビスケットの挿入木工ボンドを塗り、ビスケットを挿入し

額縁前面枠パーツの接合接合面を突きつけ

額縁前面枠の組立ビスを斜め打ちで固定しました。

ビス頭が出ないよう、穴をあけてから打っています。

ダボ余長の切り落としダボを打って穴を塞ぎ、アサリ無しノコで余分なダボをカット

鉋による目違い払いボンドが固まってから、わずかな目違い(接合面の段差)を鉋で払い、外周面の面取りもして、額縁前面枠は終了

2、プランターの箱部分を作る

板に溝をつける側板に、背板となるプラダンシートを挿し込むための溝を切っています。

溝巾のチェック溝の幅をチェック

溝と、背面プラダンシートとの関係厚さ4.5ミリのプラダンシートを、このようにはめ込む予定

本体の組立各パーツを、木工ボンドとビスで組み立てています。

組立後の本体背面こうなりました。 これは背面から見たところ

3、前面枠と箱部分の合体

額縁前面枠と本体との接合木工ボンドとビスで合体

(ビス頭はダボ埋めなどはせず、そのまま。 後でペンキを塗ると目立たなくなります。)

広告

自動かんな盤で角材の削り出し スギの荒角材を、自動かんな盤で30×30に削り揃えています。

(最初から鉋掛けされた角材が手に入れば、この作業は必要なし)

節のパテ埋めスギは死に節が多いので、この段階でエポキシパテで埋めておきました。

さしがねによる斜め線の墨付け前脚の上端をな斜めカットするための墨付け

今回、斜めの勾配は 140:500 なんですが、さしがねの妻手側目盛を140、長手側目盛を500として角材に合わせれば、所定の勾配のラインが引けます。

斜め線のカット斜め線をカット

脚上部の穴あけ後脚は斜めカットが無いので、あらかじめ後脚にボール盤で穴をあけておき、前脚を添わせて、後脚の穴をガイドとして前脚に穴をあけています。

穴に丸棒を通し仮固定同寸の角材(残材)にも穴をあけ、後脚に見たてて仮に設置し、丸棒を通しておきます。

本体を乗せる棚板の取付けこの状態で、棚板を前脚に固定

本体固定板の位置合わせ棚板に額縁本体を添わせながら、前脚上部に取りつける固定板の位置を確認

固定板の取付け上部固定板を取付け

いったん丸棒をはずし、前脚、後脚それぞれを塗装します。

5、塗装&組立て

フラワースタンドの塗装塗装は、アサヒペンのスーパーコート(白)を2回塗り

水性塗料なのですぐ乾くし、扱いやすいですね。

開き止めチェーンの取付け棚板に、チェーンを取り付けています。 脚の開き止めのため。

丸棒の打ち込みその後、前脚と後脚をセット

防腐剤を塗った丸棒を穴に通しています。少しキツイくらいの感じがベスト
(穴はφ8のドリルで開け、丸棒はφ8の丸棒をサンダーで少しずつ削って径をやや細くしています。)

木製掛金の取付け額縁本体を乗せたときに落ちないよう固定するためのパーツ

堅木のタモを切り出した木片をビス留めしますが、あまりしっかり締めず、動く程度にします。

木製掛金の様子こんなふうに90度回転させて固定する仕組み

椰子マットの敷き込み本体の底に、椰子マットを敷き、タッカーで打ち留めます。

背面板(プラダンシート)の取付け背面の溝にプラダンシートを挿入

椰子マットの上で止まるようになっています。

本体と脚の合体本体を脚に取り付けて、完成!

広告

1、下の方にだけ植え込む場合

簡単なのは、右のイラストのように土を入れて花苗を植える方法なんですが、これだと、額縁ギリギリに入れても、土の量はあまり多く入りません。 当然、植える苗も3~4株が限界かな・・・

下の方だけに土を入れた植え込みの例)下の方だけに土を入れた場合の断面模式図

2、額縁全面に植え込む場合

ちょっと面倒だけど、花苗をたくさん植え込めるので、豪華(?)に見える。
市販の額縁フラワースタンドには全面に植え込むための専用グッズがあるので、それを真似て自分で作ってみました。

プラダンシートの切り込みプラダンシートを、額縁本体の内側に三面鏡のようなカタチですっぽり入るよう、サイズを測ってカットし、さらに縦に4本、スリットを入れています。

このスリットは巾2センチ程度で、花苗の茎の根本が通る部分です。

針金を曲げるビニル被覆の針金を、このように曲げたものを3本用意します。

植え込む苗(12株)今回植え込むのは12株

各スリットに3株ずつ植えることにしたので、どこに何を植えるか、仮置きして検討しています。

植え込み前のグッズ一覧グッズが揃いました。

椰子マットの敷き込み底に椰子マットを敷き、背面にプラダンシートを挿し込むのは、これまでと同じ

プラダンシートに椰子マットの張り付け前面のプラダンシートに椰子マットをガムテープで張り付けています。
市販のグッズは、これがスポンジになっているんですよね・・・

ここは花苗の茎を通す部分なので、スポンジのほうが茎に優しくて良いはずです。今回はスポンジが手に入らなかったので代用品として椰子マット使用
茎には厳しいので、あまりオススメしません
(^_^;

椰子マットの切り込み椰子マットに切り込みを入れてます。

本体の内部に挿入これを、額縁の内部に挿入

植え込み準備完了の状態こうなりました。

このグッズと額縁上部板との隙間から花苗を入れるので、ちゃんと苗を挿入できるようサイズを考えておかないと失敗します。

1段目の花苗の植え込み底のほうに少し土を入れてから、花苗をスリット上部からそぉ~っと落とし込む

スリット通過の際に、茎を傷つけないようにするのがなかなか大変(^^ゞ

2段目の花苗の植え込み土を足し、2段目の苗を落とし込む

この繰り返し

針金の取付け2段目を終えたら、用意していた針金を、前と後のプラダンシートの空洞に挿し込みます。

これにより、前面プラダンシートが土圧で前傾するのを防ぎます。

水苔の敷き込み3段目の苗を植え、土を被せ、最後に乾燥防止のため水苔を敷きつめて完了

植え込み直後の状態植え付け直後はこんな感じ

まだスカスカですが・・・

ほどなく、こんな感じになりますよ(^^)v

自作の木製額縁フラワースタンド 花満開の状態
下のほうにはアイビーの仲間、少し上にアリッサム、メインとしてビオラやバコバの仲間を中心に植え込んでみました。
 木製額縁フラワースタンドを自作する 
広告