DIY 日曜大工で家をつくる
 
・・・セルフビルドのノウハウ
[ホ−ム] [BBS] [家作り] [小屋作り] [豆知識] [簡単DIY] [参考書] [サイトマップ]

外  壁 (窯業系サイディングの施工)

外壁の施工方法 よろい張りの様子
  サイディングと通気胴縁と透湿防水シート

DIYで外壁の施工に挑戦です。外壁材には金属系、窯業系サイディング、板張りなどいろいろな種類があります。

個人的好みからすれば板張りが好きなんですが、板張りの場合は塗装のメンテナンスの頻度が多くなりそうなことと、防火のことを考えて窯業系サイディングにしました。
セルフビルドの外壁(窯業系ラップサイディング)

私が選んだ外壁材は、一見すれば無垢の板に塗装したものに見えますが、実は窯業系サイディングに塗装を施したものです。薄い緑色に塗装されています。

窯業系サイディングの一般的なサイズは、巾45センチ、長さ3メートルのものが多いのですが、重さが一枚当たり20キログラムほどあるため、自分ひとりで施工するのはちょっと荷が重いかな・・と思い、巾20センチ程度のものを使いました。これなら一枚の重さが8キログラムで、楽々施工可能です。

外壁の施工方法は、横張りのものであれば基本的に下地材の上に縦に胴縁を打ちつけ、その上に外壁材を釘留めしていけばいいだけなので、技術的にはそれほど難しいことではありませんでした。 ただし、家一軒分の外壁を一人で施工するのは相当の手間がかかります。 (^_^;

外壁サイディング施工手順

サイディングをカットするための専用の台をつくりました。

カットしようとするサイディング全体を載せるようにして、カットする位置は、丸ノコの刃以上の深さになるよう台を切り込んであります。

木材と違い、ねばりや柔軟性がないため、切断線の右側にもささえになる台がないと、切断の後半の方でサイディングが折れてしまうからです。
サイディングをカットする台(自作)
ディスクグラインダーによるサイディングの切断 出窓など外壁の突起物の形状に合わせてサイディングをカットするため、丸ノコで切れないところはディスクグラインダーに切断砥石を取り付けてカットします。
丸ノコには、サイディング専用のブレード取り付けてカットします。

ホームセンターでもサイディング専用ブレードが手に入ります。

クロスカット(横切り)の際は、丸ノコがぶれないようにベースプレートを直線の板(治具)にあてて、板に添わせるようにカットします。
丸ノコによるサイディングの切断
サイディングの変形カット こんな変な形になることもしばしばです。
切断面は塗装がないため、シーラーを塗布して防水性を高めます。
塗装のない切断面を保護するためシーラーを塗布
外壁の施工方法 下から施工 サイディングは下から順に張っていきます。

うちは、洋風の感じにしたかったので、よろい張りといって、上の板が下の板に少し重なるタイプのものを選びました。

一番下のサイディングは、角度をつけるため、まずスペーサーになる板を取り付け、その上に張っていきます。

板の上端から20ミリ下がった位置で、専用の釘を打ちつけて固定します。

上下のサイディングは27ミリ重なっています。
よろい貼りにした板の上端しに、専用の金具を60cm間隔に差し込んでいきます。

金具には突起があり、この突起に上のサイディング板の溝をはめ込んで重ねていくという施工方法です。

透湿防水シートの上に胴縁を打ち、その上から外壁材を打ちつけます。

透湿防水シートと外壁材の間には、胴縁の厚さ分、つまり18ミリの隙間があくことになり、これが通気層となります。

夏に暖められた空気は通気層を通って上昇し、軒天のところから吹き出します。

土台水切りのところにも隙間があるため、新しい空気はそこから供給されるというわけです。
外壁の施工方法 よろい張りの様子
よろい張りと金物の関係 サイディングの端部には相欠き加工が施してあります。

合端のところで左右のサイディングがずれないように、端部には必ず専用金物を設置します。

ご覧のとおりこの外壁材は木目模様が施してあるため、一見すると無垢の板材を薄緑色に塗装したように見えます。
アーリーアメリカン調の雰囲気になり、私としては気に入っています。
これを見た人の半分以上は「板張りもいいもんですねえ!」と言っており、塗装サイディングであることを見抜けなかったようです。なんとなく複雑な気分・・・

出窓部分を張っているところです。

よろい貼りはもともと角度がついているため、出窓のように平面的にも角度のある場所では、端部を切るのに角度をつけなければならないので面倒です。

出窓の外壁材
防水処理とコーキングの状況 出窓にも屋根をつけてあげなければいけません。母屋と同じカラーベストコロニアルを貼って、母屋の壁との取り合い部分に、ルーフィングを立ち上げ、捨て板を貼ってコーキングしたところです。この後、専用金物で捨て板を覆い、さらにコーキングします。

出窓って、なにかと手間のかかるものですね。

手間がかかる分、施工費が高いのも分かる気がします。
仕事した後が目に見えて分かるため、外壁貼りは楽しくてやりがいがあります。

でも作業量は膨大! (^_^;

オトコならやり遂げるのじゃー!!
外壁の施工方法 釘打ち
外壁の施工状況 東側の3分の2位できたところです。
屋根と壁の取り合い部分には、水切りをよくするため幾重にも防水措置をします。

アスファルトルーフィングを20センチくらい立ち上げ、水切り金物をつけた上にさらに捨て板を張り、カラーベストコロニアルとの際にコーキングをして、金物で被うところです。

【関連ページ】⇒ 屋根端部の納まり
防水処理とコーキングの状況
トタン板のカバー製作 梁の端部が壁面のツラより外に出ているので、出ている部分を被うためにトタン板でカバーをつくりました。
(外が白で、内側が青のトタンです。)
これは、土台の出っ張りにカバーを取り付けているところです。

なお、家の出隅には、厚さ30ミリの板を打ち付けて、サイディングの止めにします。

後でこの板の上に、L字型の外壁材を取り付けます。
トタン板によるカバー
サイディングと同質材の出隅材 出隅には、サイディングと同質材のL字型外壁材を取り付けます。

端部が相欠きになっているので、上に継ぎ足していきます。
サイディング張りも、あともう少しです。

頂上直下?です。
壁下地とサイディングの関係
外壁の完了 頂上まで到達!

コーキング

外壁材と窓などとの隙間をコーキングして塞ぎます。

コーキングするために、はじめからわざと1cm程度隙間を開けています。

隙間の底の方には、コーキング材のバックアップとして専用の金属板をあらかじめ埋め込んでおきます。
(青く見えるのがそれです。)

マスキングテープを張っておきます。
隙間のコーキング準備
ハットジョイナー 左の写真が、コーキング用のバックアップに使ったハットジョイナーというものです。

サイディングのカタログには、サイディング本体以外に必要な付属品の説明がありますが、そこに載っていました。

このハットジョイナーの突起部分が目地の巾であり、これは10ミリになっています。

青く見えるのは、はじめからシールが貼ってあり、ここはコーキング剤が接着しないようになっています。

コーキング剤は、温度変化などでサイディングが伸び縮みしても、それに付随して弾力的に隙間を塞ぎ続けるよう、両側の2面にのみ接着し(=2面接着)、底の部分には接着させないようになっています。

もしも底にも接着してしまうと(=3面接着)、その部分が足枷になってうまく伸縮できず、ヒビが入るおそれがあるそうです。

そのために、シールされたハットジョイナーを目地底に埋め込み、コーキング剤の「止め」を兼ねて、バックアップ材とするわけです。

コーキング剤の3面接着を防ぐ(イラスト)
コーキングガン 壁材と同じ色のコーキング材です。
サイディングの購入時にいっしょに納品してもらいました。

隙間の幅にあわせて、先端部の適当なところを切って口を開け、コーキングガンにセットします。
コーキングを終えたら、マスキングテープをはがします。 マスキングテープを剥がす
コーキング完成状況 こういう感じに仕上がります。
外壁サイディングの施工完了 (^o^) 外壁の施工完了

※ ここで紹介したサイディングは、当時の三井木材工業株式会社製のセンチュリーボード・ラップカーサというものでしたが、現在、前記の会社は無くなり、外壁材メーカーであるニチハなどのカタログを見ても、類似のラップサイディングは扱われていないようです。(私の知るところでは・・です。)

次へ(床下地組み)

10坪(20畳)の小屋を、60万円で自分で作る
        DIY建築技術解説ビデオ(DVD)




自分で家を建てるためのワザがギッシリ詰まった画期的なDVDビデオ

経験のない方でも、これを見れば一目瞭然!
別荘・工房・ガレージ等々を、自分ひとりで作れるようになります(^^)v

≫≫  詳しく


[ホ−ム] [BBS] [家作り] [小屋作り] [豆知識] [簡単DIY] [参考書] [サイトマップ]