基礎工事(前半)

***
生コンの打設
DIYでの生コン打設の様子

DIYで住宅の基礎工事・・・家を建てるとき最初にする工事が基礎工事ですが、日曜大工のセルフビルドでは最も手を出しにくいと感じるのが基礎工事でもあります。

バックホウ(ユンボ)がないと土工事が大変。 コンクリートのことが良く分からないし、鉄筋の加工や組立なんかやったことない。
・・・・と感じるのが普通ですよね。

実際やってみると、バックホウ(ユンボ)の運転も覚えたし、型枠の組立や鉄筋加工も出来ました。 住宅の布基礎だけでなく、ガレージや物置、車庫や小屋などの基礎をつくる場合にも、基本的に同じ手順となるはずです。

私のセルフビルドライフ(?)の出発点が、平成6年10月からはじめた、この基礎工事でした。 ビギナーの作業なのでマズイところも沢山あります。 このページはあんまり参考にせず(笑)、より経験を積んでから行ったこちらの基礎工事の方も合わせてご覧ください。 いずれも鉄筋コンクリート布基礎です。

 ⇒ 小屋の基礎工事(H17施工)

基礎工事の様子

遣り方の水平を見るまず家の形に地面に縄を張り、その周囲に遣り方と呼ばれる丁張をつくります。

縄張りした線より一回り外側に適当な間隔で杭を打ち、「レベル」という水平を見る器械を借りてきて、すべての杭の同じ高さにマーキングをしました。この作業は2人以上でないとできません。夫婦共同作業でした。

マーキングした高さにあわせて、杭に板を打ち付け、歪まないように斜めに筋交い板を打ち付けます。これで遣り方が出来上がり。

家の外周などの各基準線と丁張り板との交点には釘を打ち、水糸を張って対角線の距離などを測り、遣り方の精度をチェックします。


バックホウで基礎の穴掘り「根切り」と呼ばれる床堀作業です。

リース会社からミニバックホーを借りて、UFOキャッチャーの感覚で楽しく掘ります。
冬に地面が凍結する深さ以上に深く掘っておかなければならないので、相当な量の土が掘り取られ、その置き場に苦労します。

基礎の穴掘り完了荒掘り終了。

残土がうず高く盛られるので、作業手順をうまく考えてからやらないと、バックホウの居場所がなくなるのです。 (^_^;)

まわりにお堀が掘られた小山の上で、バックホウを運転するのはスリル満点です。

基礎の穴掘り深さ確認水糸を張って、逆T型のバカ棒を使って、深さや幅をチェックしながら、カッチャやスコップで人力床ならしをして整えます。

1日中これをやると、相当腰が鍛えられます。(^_^;)

バックホウで砕石投入砕石を投入します。

砂利屋さんからダンプで撒けてもらった場所から、ネコ(一輪車)で運んで投入します。

バックホウでネコに投入する際に、中心からずれると、ネコ(一輪車)が倒れて砕石が撒き散らかってしまいます。まさに、ゲームみたいなものです。
一人の作業なので、一回ごとにバックホウから降りて、砕石を運びます。

ランマで転圧砕石は15cm厚さに敷き詰めて、リース会社から借りたランマで転圧します。

バックホウのレンタル料は一日8000円でしたが、ランマは1500円でした。

足先を転圧しないように注意!
(この写真は、後でつくった便槽まわりの基礎の際の状況です。)

この後、砕石層の上に、基礎フーチンの型枠をつくります。

鉄筋の切断鉄筋加工組み立て

鉄筋は13ミリと10ミリを使います。

「番線切り」の親分みたいな鉄筋カッター(知人から借りた)で切断し、折り曲げて、現場で組み立てていきます。

ベースの生コン打設 大勢の人手が必要なので、知人友人がたくさん助っ人に来てくれました。

途中の道が狭いので、生コン車は4トン車です。

雪で生コン車が滑って立ち往生し、あせりましたが、皆さんの協力でなんとか脱出させることができて、コンクリートが固まる前に打設し終えました。

この年はこれで作業終了! 長い冬を越して、来年、基礎工事後半に入ります。
でも実際には翌年、本業の転勤があってより遠くの街(現場まで車で2時間半)に引っ越したため、なかなか思うように工事を進めることができませんでした。 亀の歩みです(笑) 続く