自作の引き戸


自作の引き戸
小屋の内部から
自作の引き戸を外側から見る
外側から見たところ

玄関は開口部を大きく取りたいので、両開きの引き戸にしました。

以前作った小屋のときも引き戸でしたが、その時は床にレールがあります。
頻繁に出入りする小屋だとレールが邪魔に感じるので、今回はレール無しです。
戸車が直接床面の上を転がって、引き戸が開閉します。

引き戸の枠(かまち)作り

建具枠作り1
① 丸鋸で数本切り込みを入れ
建具枠作り2
② ノミで荒くさらい
建具枠作り3
③ トリマーで底さらい
建具枠作り4
④ カマチの溝が出来た


自作引き戸の「かまち」は、間柱材(30×105×3000)を材料にしたんですが、製作過程の写真を撮ってませんでした。
以前作った小屋の引き戸と、全く同じ作り方なので、そのときの画像を借用して・・・(^^ゞ
こんな感じで加工します。

戸車の取付け

戸車取り付け1戸車取り付け2縦枠の底に穴を掘って、戸車を入れます。

戸車の現物にあわせて、ケヒキで線を描き・・・

戸車取り付け3戸車取り付け4トリマーで浅く全体を掘って、中の部分にドリルでドドド・・・

戸車取り付け5戸車取り付け6ノミで整形して、穴の出来上がり。

戸車取り付け7戸車を釘打ちして完成(^^)

戸車の種類には、丸レール用の丸型、Vレール用のV型、敷居タイプの角型があるんですが、今回はレールがないので、角型です。
音が静かなように、ゴム製を購入。2個セットで400円。

仮組み&走行チェック

建具枠の仮り置き戸車がついたまま、取りあえず枠だけ仮組みして、玄関を滑らせてみます。

引き戸が歪んでいると真っ直ぐ進んでくれないのでは?と思っていたら、大丈夫でした(^^)v

枠だけだと、カル~イ♪

建具枠の隙間調整レールがないので、引き戸が動く部分に「堤防」をつけなくては・・・

引き戸本体からわずかに余裕をもたせて、角材を固定しました。余裕巾は、スコヤ(直角定規)をはさんで出しています。

本組み&取り付け

建具枠うぃいったん分解建具鏡板のはめ込み引き戸枠材の一方の側面を取り外し、あらかじめカットしておいたOSB合板と、ツインカーボをはめ込みます。

どちらも接着剤は使わず、ただ単にはめ込んだだけ。
(かまち枠の中にはめ込む「鏡板」の部分と、かまち枠材双方の、湿度変化による収縮度合が違うため、一般に、鏡板とかまち枠材は接着せず、自由に収縮できるようにします。)

引き戸の完成建具枠の組み立て枠材を元に戻して完成。

自作の玄関引き戸自作の玄関引き戸が出来ました(^^)

スンゴイ単純な作りだけど、作業小屋には十分。けっこう気に入ってます。

引き戸走行溝のストッパー上の走行溝の真ん中に、ストッパーとしてゴム板を貼った木片を固定。

引き戸がストッパーに当たる部分のカドは、少し欠き取っています。
以前作った小屋の引き戸と同じ仕組みですね。


  
copyright (c) diy-ie.com since 2004