木材の刻み

広告

この小屋は木造軸組み工法、いわゆる在来工法で作っています。 基礎から屋根まですべて手作り(^o^)┘

木材へのほぞ加工や継手の加工なども、プレカットに頼らない手刻みです。 棟上げも夫婦二人だけで行いました。

材料

材料は地元の森林組合と木材店から購入しました。

土台は、腐れないように米ツガ防腐材注入土台105×105。

柱・桁・束は地元のスギ105×105、タルキはカラマツ45×60、梁は米マツの105×150を使用です。

桟積み積んでおくときは、風通しよくなるよう桟木をはさんでおくんですが、指の太さ以上の厚さの板が良いようで・・・

材木をヨイショッと置いたときに指をはさまいように(^^ゞ
イテテ・・

平ほぞ(♀)作り

カクノミほぞ穴を掘るのは、なんといってもカクノミが便利。

これはヤフオクでゲットした中古のmyカクノミです。1万5千円也。

ほぞ穴ホゾ穴を早く正確にあけられます。

材料の中央に通っている黒い線は、墨つぼで打った中心線です。

平ほぞ(♂)作り

ほぞの墨付け今度はほぞの♂の墨付け。

いろんな方法がありますが、私が使っているのは、ごく簡単な自作の定規です。
材木の芯と平行に墨付けできるので重宝。

ほぞの切り出し丸ノコで縦の線をカット。

この後、材木を裏返しにしてまたカット。

ほぞの縦切り丸ノコのカットで残った部分(奥のほう)を、手ノコでカット。

ほぞの横切り自作の直角切りガイドを使って、横の線をカット。

丸ノコの刃の出を調整しからやります。←そうしないと、折角のほぞが切れちゃうのだ(^^)

こんな感じになりました。

次は、これと直角方向に、ほぞの巾決めの切り込みをします。

自作冶具の材料です。

冶具を材木の上に乗せ、ビスを打って仮固定。
冶具のスリットに添って手ノコをギーコギーコ♪

上から見るとこんな感じ。手ノコの先っぽが見えます。

冶具をはずして寸法チェック。
スリットに添って切っているため、毎回同じ寸法で、真っ直ぐにノコ挽きできます。(^^)

ほぞ(♂)はほぞ穴(♀)の軸方向に締め付けながらキツく入るため、ほぞの巾の寸法は非常に大事です。
ほぞ穴より0.5~1ミリ大きくします。

完成したほぞほぞの出来上がり。

取り付ける場所によっては、先端を細くした2段ほぞにしています。

土台コーナーの納め

(えり輪小根ほぞ挿しクサビ打ち)

えり輪小根ほぞの♂と♀
土台コーナーは「えり輪小根ほぞ挿し」という組み方にしました。画像上が♂、下が♀。

作り方はちょっとメンドウ。

えり輪小根ほぞの♂防腐剤を注入した材料なんですが、切断面は防腐剤が行き渡っていないので、組む前にクレオソートを塗っておきました。

えり輪小根ほぞ挿しの組み上がり組みあがり。

♂のほぞにはクサビ道を切り込んでおいて、はめ込んだ後にクサビを打ち込みます。そしてクサビの余分長さをカット。

土台をボルトが貫通して、柱に取り付けた引き寄せ金物と連結させています。いわゆるホールダウン金物というやつ。
地震の横揺れで筋交いが突っ張って、柱が引き抜けるのを防ぎます。


広告

腰掛鎌継ぎ

継ぎ手は「腰掛鎌継ぎ」にしました。
まずは♀のほうから。

最初にカクノミで長方形の穴を掘っています。この後、端部の段欠きをノコで加工。

すべり勾配を墨付けするため、小さな定規を自作して、穴の中に線を書いています。

先端まで刃のついたノコでギーコギーコ♪

継手(腰掛け鎌継ぎ)の♀斜めの線をノミで切り取って、♀の加工終わり。

継手(腰掛け鎌継ぎ)の♂♂の方はこんな感じ。

仮はめしてみます。

土台材の継手土台の継ぎ手。
切り口に防腐剤を塗っているので、少し染み出てきています。

♂のほうにアンカーボルトを通します。そうすることで、♂♀両方押さえ込みます。

柱・梁・桁の納め

(2段ほぞの柱+相欠きによる簡易な渡り顎がけ+羽子板ボルト)


2段ほぞの先端が入る部分を、カクノミで角穴をあけてから、
交差する材料の巾のとおり正確に墨付けして、丸ノコで何本か切り目を入れ・・・

ノミで、丸ノコの切り目が見えなくなるところまで欠き込み。

柱には、羽子板ボルト固定用のボルトを通す穴を、あらかじめ開けて置きます。

柱・梁・桁の仕口柱、梁、桁を組んで、羽子板ボルトで固めた様子。

この画像の桁の端部は、腰掛鎌継ぎの♀の加工をしているので、ここに♂がはまります。

火打ち梁

火打ち梁の受け口加工梁と桁の間に斜め45度に掛け渡して、建物が水平方向に歪むのを防ぐ役割をしているのが火打ち梁。
この小屋には市販の火打ち金物を使ったのですが、一番南側だけは木製にしました。

梁と桁の、火打ち梁が取り付く部分に、ノミで欠き込み。

火打ち梁の加工火打ち梁本体の加工。

火打ち梁の取付け梁に取り付けました。

ボルトを差し込む箇所は、ドリルの先端が滑らないように小さく欠きとっています。

ここからドリルで貫通穴をあけ、ボルトで緊結。

タルキ掘り

垂木掘りタルキが乗る箇所は、屋根勾配にあわせて欠き取り。

垂木の取付け棟木にタルキを取り付けた様子です。
(画像は、片側だけ取り付け終了時点のもの)

刻みをした材料を組むとこうなりま~す。
小屋作りは楽しいなぁ~♪
軸組み
広告