ポリカ波板の屋根

透明ポリカーボネイト波板・・・・明るさを確保できるのがいいですねー (^^)

ポリカ波板屋根を下から見上げる

小屋の屋根のメインの材料はガルバリウム波板にしたのですが、南側1間半と、屋根のド真ん中は、ポリカーボネイト(通称ポリカ)波板の透明タイプを使っています。

波板貼りの下地

タルキ(45×60)と横桟(45×45)透明ポリカで光を通すのが目的なので、その部分の野地板は当然貼りません。

波板の上から傘釘で下地に固定するのですが、波板は縦に筋が通っているため、下地は横向きにしないといけません。

タルキは縦に配置している部材なので、そのままでは波板の下地にはならず、タルキの上に横向きに、下地として横桟を打ち付けました。

横桟のサイズは45×45のカラマツを使い、ピッチは約450。屋根の長さを6等分しました。これで積雪80センチを経験しましたが、平気でした(^^)v

ポリカの裏表を確認

ポリカーボネート波板の太陽側を示すシールポリカ波板は、巾660で長さ7尺のものを6枚。9尺のものを8枚、ホームセンターから購入。
1枚の価格は、7尺が1580円、9尺が1980円でした。(H17)

7尺(2124ミリ)は半分に切ってトップライトに使い、9尺(2730ミリ)は小屋の南側、玄関ポーチ(?)の屋根用です。

ポリカ波板には、表裏があるんです。 太陽の当たる面を示すラベルが貼ってあるので迷うことはないです。

波板の張り付け

現場で波板の取付け作業中1枚目のポリカを貼っているところ。
モヤ、タルキ、横桟を足掛かりにしていますが、コワゴワやってますねー(^^ゞ

傘釘打ちの下穴あけ傘釘を打つところに、ドリルで下穴を・・・

ちなみに、ガルバリウムの波板ならば下穴なしで釘が入りますが、ポリカ波板は絶対に下穴が必要です。下穴なしで無理に打ちつけようとするとポリカが割れます。

ちなみに傘釘は3~5山ごとに打ち、波板の継ぎ目部分は2山以上重ねて、2山続けて傘釘を打ちます。


波板に下穴をあける方法

1 波板の裏側から穴をあけるのが良い

傘釘は波板の山の部分に打ち込むので、現場で直接、波板の山にドリルビットを当てても、ビットの先端が滑ってやりにくいです。
そのため、地上であらかじめ波板を裏返しにして、波板の谷の部分(取り付けたとき山になる)にドリルビットを当てて穴あけする方が、はるかに効率良く合理的

波板を、購入した状態の10枚重ねたまま、裏側からまとめて穴あけしている画像です。
波板の「谷」にあけるので、ビットが滑ることなく、作業は簡単

穴あけ位置が正確に分かっていて、尚且つ、どの波板も位置が同じ場合はこの方法がGood!

この際、下地に穴があかないよう、捨て板を敷いてやります。

※ でも今回の事例では、穴あけ位置を現場で正確に確認しながらやりたかったので、現場で波板の山に穴あけしています。


それでも、波板を重ねる箇所では、上下の波板の穴の位置まで正確に合わせて事前にあけることは難しいので、現場で波板の山からあけます。

この際、上になる波板には地上で事前に穴あけしておき、現場では、その穴にビットの先端を当てて下になる波板に穴を貫通させるので、何もない状態よりはるかに楽にできますよ(^^)v


2 あくまで波板の「山」から穴をあけるには・・


波板の「山」にうまく下穴をあけるための小道具です。

適当な木片に「波板パッキン」の切れ端を接着し、パッキンの「山」にあたる位置に、φ5ミリの穴をあけただけのもの。

(ドリルビット径は4ミリを使うので、それよりやや大きい穴)

ドリルのビットを穴に差し入れてスイッチを入れるだけで、波板の山の頂上に正確に穴があきます(^^)v

これが無いと、ビットの先端が滑ったりするんだよね・・


屋根の棟の納め

小屋の南側、ポーチ部分の貼り終わり。

さて、切妻屋根なので、棟の部分をどうにかしないといけません。

棟包み役物も市販されてますが高いので、安い平トタン板と波板パッキンを使って、オリジナル仕様でやってみることに・・・

ナミイタパッキンジャーン! これが波板パッキン。

1袋に5本入って597円だったので、1本当たり約120円でした。(けっこう高い)
1本の長さはポリカ波板の巾と同じ660ミリなので、波板1枚につき1本必要ということですね。

波板パッキンは本来、軒先に使用して、波板と母屋のスキマを塞ぎ、ホコリや雨の浸入、バタツキ、ヒビを防止するものなんだそうです。

でも今回は、棟からの雨の浸入防止に使ってみます。

屋根の棟部分の処理1波板パッキンを、本来の使い方とは逆に、外側からポリカ波板にかぶせます。
ズリ落ちないように、ところどころに市販のシーリング材をつけて、仮固定します。

パッキンの平らなほうには両面テープがついているので、それを剥がして・・・・

屋根の棟部分の処理2平トタン板を細長くカットしたものを、中央部に折り目をつけて、被せます。

波板パッキンの両面テープにくっついて仮固定されるので、あとはステンレス傘釘をところどころに打って本固定。

これで、横殴りの雨が降っても、棟部分から雨漏りすることはないでしょう。(多分)
(施工から9年経過しましたが、雨漏りは一切ありません。 2015年4月現在)


ちなみに、棟部分の本格的な納め方は・・・

上記の事例は、できるだけお金をかけずに小屋を作るため簡易な方法を取っていますが、屋根の棟の納め方として一般的なものは、以下の方法があります。  私の自宅の屋根(コロニアル屋根)もこの納め方をしています。

屋根の棟の納め方 イラスト棟包み役物 【棟包み役物】はこんな形状をしています。



笠木(木材)は、下地となる垂木の位置で釘留めして固定します。

さて今度はトップライト。

トップライトの部分⇒ ポリカ波板の屋根材。野地板なし。
その他の部分⇒ ガルバ波板の屋根材。野地板、ルーフィングあり。

・・なので、下地はこのようになりました。

雨仕舞いを考えると、まずはガルバ波板を貼ってしまい、その上にポリカ波板をかぶせるという手順です。

出来上がり!

いやー、やってみて気がついたのですが、ポリカ波板とガルバ波板では山のピッチが違うんですねー(^^ゞ

予定では波板どうしをピッタリくっつけるつもりだったのですが、ポリカとガルバの間にスキマができてしまいました。
でも縦方向の重なりが20センチ以上あるので、雨は浸入しないです。

施工してからこれまで9年たちますが、大丈夫でした。(2015.4)
ただしスキマがあるということで、気密性はありません。小屋にしか使えない方法ですねー。

今から思えば、もしも山のピッチが同じなら、水は毛細管現象で吸い上げられて、かえって水切れが悪くなったかもしれませんね。

ポリカ波板の大型トップライトを、小屋の中から見上げたところです。
大きさは1間×2間あるので、すご~く明るいです。

冬、雪が積もっても、波板は滑りやすいので割と早く雪が落ちてくれて、明るさが戻ってきます。

が、しかし、夏は大変そう・・・(^_^;

開閉式の遮光ネットでも工夫してみることになりそうです。

後日、開閉式屋根断熱材を取り付けました

開閉式の屋根断熱
やはりこのままでは夏に暑すぎたので・・(大汗!)

屋根全面に断熱材を後付けで取り付けました。
ポリカ波板のトップライトの下は、開閉式の断熱パネルにしました。

詳しくはこちら⇒ 開閉式の屋根断熱