小屋の内壁と棚作り

広告

作業用の小屋なので、外壁さえあればよさそうな気もするけれど、なるべく防音効果があるように、壁にはグラスウールの断熱材を詰めることにしました。
メインの内壁材は、合板が高騰している中にあって一番安かった、9ミリのOSBボードです。それでも1枚千円

内壁

施工前の様子

小屋の西側には窓がないので、この壁は全面的に収納スペース。4段の棚を作ります。

散らばっていた工具類などを片付け、作業開始。

グラスウールは厚さ100ミリの密度10Kのやつを・・・
これはホームセンターから購入です。1パックで5坪分入って4200円。

本来、この地区(岩手)では、壁には100ミリならば密度24Kが欲しいところですが、住居じゃないので贅沢しない ⇒ 経済性重視・・(^^ゞ

袋から出すと、気持ちいいくらい膨らみます。

全部の袋を破ると、たちまち小屋じゅうがいっぱいに・・・

小屋の内壁と断熱材施工中間柱の間にグラスウールを入れ、OSBボードを貼って、柱・間柱を下地としてビス固定。

入り隅のところは手順をよく考えないと・・・

入隅をどうするか?

施工手順を以下のようにします。
壁の入り隅の納まり
① 入り隅

② 断熱材を入れて・・
  (片方のカドには入れない)

③ 片面に内壁材を打ちつけ

④ もう一面の下地を取り付けて

⑤ 残りの断熱材を入れて、内壁材を打ちつけ。


内壁を全部貼り終えました。

モノが置かれてないと、広く感じるんですがね~(^_^;

広告

棚作り

たっぷりの収納力がほしいので、小屋の西側の壁に、長~い棚を作りました。

棚板は一番安上がりなOSB合板ですが、厚さ9ミリしかないので必ず支えになる桁材が必要です。

棚板奥側の桁材は、板を壁に打ちつけただけでいいのですが、(壁の中に下地として間柱が入っているため)
手前側には何もありません。

手前側には柱を立てて、そこに桁材を接合します。柱側から桁材に向けて横にビス打ちしただけでは強度的に弱い。
柱に欠き込みを施して桁材をはめ込めば強いですが、手間がかかる。

そこで、柱に添え木を打ちつけて、添え木の上に桁材を乗せて横からビス打ちすることにしました。これは簡単で、上からの荷重にも強いです。
ただし、桁材が乾燥で縮んでしまっては効かないので、桁材はよく乾燥した木材を使います。今回は床根太に使ったのと同じものを使用。

添え木の長さを一定にすれば、棚板の高さは自動的に水平になります。

小屋の棚作り完成桁材の上に棚板を載せてビス固定。

これで小屋の棚ができました。真ん中付近がたわまないように、突っかえ棒で補強しておきました。

広告