DIY 日曜大工で家をつくる
・・・セルフビルドのノウハウ
[ホ−ム] [BBS] [家作り] [小屋作り] [豆知識] [簡単DIY] [参考書] [サイトマップ]

自分で貼る フローリング

DIYでフローリング張り
フローリング張り作業はヒザが疲れるなあ・・・

下地合板の上に、市販のフローリング(厚さ12ミリ)を敷き詰めます。

フローリング張りの下地としては、根太に直接打ち付ける方法もありますが、これだと厚さが30ミリ以上のフローリングでないと強度的に弱いと思います。 さらに、長さ方向の継手が根太の上に来ないといけないなどの制約があり、施工がやや面倒。

厚さ12ミリのフローリングなら、根太の上に下地の合板(12ミリ厚)は是非ほしいものです。フローリング本体と合わせて、厚さの合計は24ミリとなり、住宅の床として普通に暮らす分には十分ですね。

 根太や大引き、下地合板などの床下地作りについては、こちらのページを参照してください。
    ⇒ 床下地を作る 


使ったのは、ごく一般的な複合フローリング(合板で出来ていて表層だけに広葉樹のつき板を貼っているもの。)です。ホームセンターで簡単に手に入ります。

これはなにしろ安い! B級品なら1坪あたり3千数百円ですからね。 単位面積当たりの単価が、コンパネなどの合板類と同じか、下手すると安いくらいかも(^_^;
(私が購入したのは1坪当たり5千円くらいのものでしたが・・)

それでもちゃんとフォースター(アルファベットのFのあとに☆マークが4つついているもの)と呼ばれる、改正建築基準法に対応した、ホルムアルデヒド放散量の極めて少ない代物です。

本当は、歩き心地やぬくもりの点で、無垢材のフローリングが良かったのですが、猫を3匹飼っていたため、無垢材だと傷をつかられやすいことと、猫の嘔吐物などが染みて変色しやすいことが想像されたので、諦めました。

複合フローリングの梱包状態
箱入りフローリング搬入時
フォースターの表示
箱に☆☆☆☆の表示

フローリングの張り方(貼り方)の注意点としては

 1 最初に割り付けをうまく考えること
 2 基準線をきっちり真っ直ぐに出すこと
 3 合端を隙間なく密着させること

 ・・・くらいで、特に難しいことはなく、DIYで十分施工可能だと思います。

  (注) 以上は、合板の複合フローリングの場合です。 無垢フローリングの場合はまた別の難しさがあります。

フローリングの張り方

1 フローリングを張るための道具
2 最初に「割り付け」をよく考える
3 床に、根太のラインと基準線を打つ
4 張っていく順番
5 実(さね)のはめ込みと、フロア釘の打ち付け
6 壁際をうまく納める
7 ちょい技、注意点など あれこれ
   @ 丸鋸でフローリングをカットするときの注意
   A 実(さね)を潰してしまったときの対処法
   B 同じフロアの中で、フローリングの方向が直交する場合
   C 両側から張り進めてきて出会う場合

1 フローリングを張るための道具

フローリングを張るための道具一覧 基準線を打つための墨壺、フロア釘を打ち込むための玄能(いわゆる金槌)と釘締め、床用接着剤をつけるためのコーキングガン、さしがね

写真には写ってないけど、長さを測るためのメジャー(コンベックス)も当然必要です。

あと、場合によっては鉋

掃除機もあったほうがいいです。なければ箒


2 最初に「割り付け」をよく考える

一般的な複合フローリングのサイズは1尺×6尺(303×1818ミリ)だから、部屋のサイズを測ってフローリングが縦横方向それぞれ何列で何枚になるか、あらかじめ計算しておいたほうがいいですヨ

気をつけるのは例えば次のような場合……

根太の流れる方向の部屋の内側サイズ(下図の長さA)が3350ミリで、フローリングの有効巾が303ミリの場合は、
3350÷303=11.05 なので、フローリングを11列貼った残りの巾は3350―3333 = わずか17ミリ!!
最後の1列はすごく細いため、事実上施工できない (-_-;)

このような場合は、最初の1列の材料を巾200ミリ程度に縦カットすれば、最後の1列の巾が120ミリとなり、十分施工できるので、このようにして最初に割り付けをよく考えておきます。

巾方向だけでなく、長さ方向も同様、壁際の端部があまりにも短くなることがないように、また、継手が一直線に並ぶことがないように、最初の1枚の長さを考えておきます。(カットせずそのまま1818ミリでいくのか、あえてカットしたものを張るのか)
割り付けの考え方図解
上の図のように、最初の1段目は壁にピッタリくっつけず、5ミリ程度離して張るように、♂実側に基準線を打つといいです。

壁のラインは、一見真っ直ぐに見えても、完全でないこともあるのです。
ほんの少しでも波打っていたりすると、壁にピッタリつけて張ると、フローリングの大事な1段目のラインがずれてしまいます。

上の図のようにすると、そのような誤差を吸収できます。 壁との隙間は、あとから巾木で隠れるからOKなのですよ (^^)v

3 床に、根太のラインと基準線を打つ

まずは下地合板の上に根太のラインを墨打ちしておきます。 これがないとフロア釘を打つ位置が分からない。
次に、根太のラインと直角に、最初の1段目を貼るラインを墨打ち。
これがすごく重要で、このラインが曲がっていると2段目以降もすべて曲がっていってしまうのです。

※ 墨打ちには、墨つぼ、またはチョークラインを使うといいでしょう。
下地床面と根太ラインの墨 下地床面と根太ラインの墨とフローリング

4 張っていく順番

フローリングは、根太の方向と直交するように張っていきます。
基準線に沿って最初の1枚を張るんですが、 このとき、♂実(おすざね)のある方向に進むようにします。
♂実の部分にフロア釘を打ってから次のフローリングの♀実(めすざね)を挿し込んで進むためです。
フローリングを張るときの割り付け手順
上図の @、A、B の順番に張り進めてきたとして、Cのところでフローリング材をカットするわけですが、カットした材の左側をCの位置に配置し、残った右側を次の列の左端に持っていきます。
こうすれば、常に♂実が進行方向に露出するというわけです。

なお、長さ方向についても、巾方向と同様に、壁際の端部があまりにも短くなることのないように、割付けを考えたほうがいいですよ。(例えば上図のCの長さが3pしかない・・・なんてことのないように。)
鉋による目違い払い 下地合板に目違い(小さな段差)があれば、あらかじめカンナで払っておきます。


5 実(さね)のはめ込みと、フロア釘の打ち付け


市販の複合フローリング材って、こんな風になっています。
フローリングのサイズと、実の配置
♂実(雄実)はこんな感じ
♂実
♀実(雌実)はこんな感じ
♀実

床用接着剤 フローリング張りは、接着剤と釘を併用します。

コーキングガンにフローリング用(床用)接着剤をセット
接着剤の塗布 接着剤は必ずしも全面的につける必要はないようで、私は棒状に2本としました。
フロア釘 これがフロア釘

軸がスクリュー状になっていて抜けにくいです。


12ミリ厚のフローリングを、12ミリ厚の下地合板を通して根太まで釘を斜めに打ち通すため、38ミリは必要

壁際のフローリングと巾木の関係図解 張り始めは基準線に合わせ、且つ、壁際とは3〜5ミリ程度(後で取り付ける巾木の巾より狭く)隙間をあけて配置します。

壁際の釘は実に打てないので、頭から直接打ち込みますが(脳天打ち)、釘頭は後で巾木で隠れるので気にしない。
あて木を介して、横から打ち込む 次のフローリングを張るときは隙間ができないよう、♂実に♀実をはめ込み、次のフローリングを横から叩いてはめ込む。 この際、必ず当て木をします。
(あて木をしないと実が潰れる。 あて木は短いより長いほうが、力が一点に集中しないから実をつぶしにくい。)

無垢フローリングの場合は、無垢材の膨張伸縮に対応するため、フローリングとフローリングの間に紙一枚ほどのすき間を入れるが、合板フローリングの場合は、ピッタリくっつけて問題なし。
フロア釘の打ち込み 釘はフローリングの♂実の部分に、斜め45度に玄能で打ち込み。
専門職はエアータッカーなどを使って効率良くやりますが、DIYでは普通そういう工具がないので、一本一本玄能で打ち込み、最後は「釘締め」を使って頭を沈めていきます。
釘頭が出ていると、次のフローリング材がうまく入らない。

打ち込みの最後は玄能が届かないので深追いしないこと!
 (ギリギリまで打って玄能が当たってしまうと、フローリングの角が破損する(-_-;)


釘は当然、下地の根太があるところに打ち込みます。だからあらかじめ、下地合板の上に根太のラインを墨打ちしておくわけです。
釘締めによる仕上げ
フローリング材って、けっこう反れているんですよ。これを下地の床にピタッと密着させた状態で釘打ちしないといけないので、自分自身がフローリング材に乗っかり、体重で押し付けます。
すると座った状態となり、膝が常にフローリングに当たっているので、この作業が長いこと続くと膝が痛くなります(-_-;)

座布団を使うのがオススメ

掃除機 下地床面にゴミや木屑があるとマズイので、常に掃除機をかけながらフローリングを張り進めていくといいですよ。

6 壁際をうまく納める

壁際の最後の1列の納め方図解 最後の1列を貼るときは、あて木で横から叩くわけにはいかないので、
イラストのように壁に薄いあて板をあてた上で、バールで押してやるとうまく密着します。

もちろん壁際はクロア釘を上から叩き込んで固定できます。
フローリング張りの完成
ひと部屋 完成!


7 ちょい技、注意点など あれこれ


@ 丸鋸(電動ノコギリ)でフローリングをカットするときの注意

丸鋸の刃は下から上にすくい上げるように切っていくので、材料の上面側は、刃が突き抜ける側になるため、バリ(=毛羽立ち)が起きやすいのです。
フローリングの表面を上にしてカットすると、大事な上面(の切断面)にバリが出て見苦しくなりやすいので、フローリングは裏返しにしてカットするのが良いです。
×
丸鋸とフローリング表面

丸鋸とフローリング裏面



A 実(さね)を潰してしまったときの対処法

フロア釘を打つのはそんなに難しくないけど、時々失敗して♂実を潰してしまうときがあります。
そのままでは次のフローリングが入らないので、そんなときは・・・
実をつぶしてしまった場合の、フローリングをうまく納める方法
♂実を潰してしまった箇所に当たる周辺数センチ分、次のフローリングの雌実の下側を切り取れば、難なく入ります。



B 同じフロアの中で、フローリングの方向が直交する場合

フローリングが同じ階の中で直交している例 左の画像はうちの1階廊下とホールが接する場所なんですが、床下地である根太の方向が、廊下とホールでは直交しているため、
フローリングも必然的に画像のように張り方が直交してしまいます。


お互いが接するラインを、段差なくきれいに納めるにはどうするかということですが・・・

パターン その1   片方が♂実、もう一方が♀実のとき

これは理想的で何も問題なし。 フローリング材は短径側にも実がついているので、片方の長径側の実と、もう一方の短径側の実をはめ合わせていけばいいだけ。

パターンその2   両方とも♀実のとき

私の経験では、適当な雇い実(やといざね)を作ってはめ込む方法が良いようでした。

雇い実のはめ込み ♀実の溝にちょうどはまる厚さに切り揃えた木片を用意し、これを雇い実とします。
雇い実と接着剤 ボンドをつけて雇い実を打ち込み

(ちょっとボンドが多過ぎた。)


この状態で♀実どうしを突き合わせ、フローリングを張っていきます。
フローリングの直交 直交張り・・ うまくいきました。

パターンその3   両方とも♂実のとき

これが一番やっかいですね。 そもそも♂と♂が出会えば戦いは避けられず、互いに相容れないのが自然の節理(笑) なんちゃって(^^) 

実際には両方の♂実を切り取り、トリマーやテーブルソーで溝を掘って雇い実をはめる方法が考えられるけど、やはり手間が増えるので、出来るだけこのパターンは避けるように計画したほうが良いでしょう。


C 両側から張り進めてきて出会う場合

あるフロアを、全部同じ方向で端から端まで張れるということは実際にはあまりなくて、別々の方向から張り進めてきたフローリングがどこかで出会うということもあるでしょう。

そのままでは♂と♂の実が出会ってしまうし、平行具合も微妙に狂っているはず。
そんなときはどうしましょう?
フローリングを両側から張り進めてきた場合の、最後の納め方図解
  1. まずはA材の♂実を含む適当な巾を、丸鋸に平行ガイドをつけてカットしてしまう。
  2. A材の巾を現物あわせで床面に墨付けし、今度はB材を床に置いてそのラインを写し取り、気持ち巾広めにカット。
  3. その後、イラストのようにお互いを山形の状態で上から押し付けてみて、ぴったり合うかどうか確認する。 キツ目がいいが、キツ過ぎるようであればカンナで調整する。
  4. 調整を終えたら床面に接着剤をたっぷり塗って、上から押し付けて貼り付ける。
  5. そのままでは浮き上がってくるので、養生板を敷いた上に天井から突っ張り棒を飼い、一晩おけば出来上がり。


次へ(室内建具)

60万円で10坪(20畳)の小屋を、自分で作る
    一歩踏み込んだ日曜大工の解説ビデオ(DVD)




自分で家を建てるためのワザがギッシリ詰まった画期的なDVDビデオ

経験のない方でも、これを見れば一目瞭然!
別荘・工房・ガレージ等々を、自分ひとりで作れるようになります(^^)v

≫≫  詳しく


[ホ−ム] [BBS] [家作り] [小屋作り] [豆知識] [簡単DIY] [参考書] [サイトマップ]