天窓に巻き上げカーテン(日除け)

広告

自作の天窓カーテン(巻き上げ式)


天窓は高い場所にあって手が届かないので、カーテンを取り付けるにしても地上(床)から簡単に開閉できる仕掛けがほしいところです。
でも市販のもので、そういう性能のある商品はとても高価なので、手作りで激安に作っちゃいます。(^o^)┘

開いた状態閉じた状態

わが家のリビングと寝室には、それぞれ85cm四方くらいの、大きな天窓(トップライト)があります。
普段は明るくていいんだけど、さすがに夏の直射日光はキツイので、これまではスダレを掛けるなどして誤魔化してきたのですが、この際、半永久的に使えるよう、手動で開閉できる巻き上げ式の日よけを自作しました。

開閉はヒモを引いて行います。 巻き上げの動力は例によって市販の輪ゴムを利用です。これがけっこう具合がヨロシイのです。(^^ゞ 
遮熱対策にバッチシ!

動画を見れば一目瞭然!
↓↓↓
広告

巻き上げの仕掛け部分を作る

シェード(日よけ)本体は芯棒に巻き付けるんですが、これがクルクルと抵抗なくスムーズに回転することと、ヒモを離したときに自動的に巻き戻る仕掛けが必要です。これを手作りします。

巻き上げの仕掛け部品

木材でこのようなものを作り、芯棒をはさんで両側に配置します。 天窓がついている天井の、下地(垂木など)のあるラインに、コーススレッドでビス留め固定してしまいます。

使用した金物たちです

アイプレートアイストラップスイベルクローム ステンヒル釘シングルプーリー左から順に、アイプレート、アイストラップ、スイベル、クローム、ステンヒル釘、シングルプーリー(滑車)
すべてホームセンターで手に入ります。

動力側の仕掛け詳細

巻き上げ動力となる輪ゴムの束が巻かれた状態クロームという短冊形金物には3個の穴があいているので、端っこの穴にステンヒル釘を通し、木材である芯棒の中心にねじ込みます。
これが回転する本体で、クロームは回転軸の位置を固定する役割になります。
クロームの他の2個の穴からは木材にビス留めして固定します。

そのうえで、アイプレートとステンヒル釘の間に輪ゴムをかけます。これまでの経験から、巾6mm、厚さ1.1mmの輪ゴムを18本束にしてかけるのが丁度良いことがわかっています。

上記の巾・厚さの輪ゴムには、折径が100、120、140、160mmと種類があるので、使う輪ゴムの折径によって、アイプレートとステンヒル釘の間の距離が最適になるよう、仕掛け自体の寸法を決めます。
輪ゴムがほどよく伸びた状態で金物に引っ掛けられる距離ですね。

今回は天窓を遮光するだけなので、巻き上げる距離が1mほどしかありません。 だから輪ゴムは比較的短めの120mmのものを使っています。 天窓遮光ならこの程度で十分なようでした。

受け側の仕掛け詳細

抵抗なく回転する、受け側の構造こちら側はテンションをかける必要はなく、できるだけ抵抗なくクルクルと、スムーズに回れば良いだけ。

アイストラップとクロームの間にあるスイベルという金物は、ほとんど抵抗なくクルクル回転するスグレモノです。

その他の、クロームやステンヒル釘などは動力側と同じように作ります。

広告

シェード本体を作る

芯棒となる角材と、中心部の穴シェード(日よけ)の本体は、日よけ用に市販されているカーテン生地です。
これを巻き付けるための芯棒は、加工が簡単な木材を使います。
今回は2×4材(ツーバイフォー材)をテーブルソーと自動かんな盤で30mm角に削りました。
その後、巻きやすいよう大きめに面を取ります。
これらの工具がなければ、少し太いですが2×2材をそのまま用いても良いでしょう。

ステンヒル釘を打ち込むため、中心に下穴をあけます。
※ ステンヒル釘は「釘」というけど、実際は先端がネジになっているビスです。

カーテン生地を傘釘(ビス)で固定
シェード生地を芯棒に固定

生地の端部は折り返しになっているので、そこに傘釘を約10cm間隔で打ち込んでいきます。
傘釘は広い面で押さえつけるので、このような生地を固定するには便利ですね。
ただし、普通の傘釘をそのまま使うのではなく、ちょっと一工夫・・・

傘釘の釘をビスに変える

ステンレス連結傘釘傘釘は、おもに屋根の波板を固定するのに使われるため、その名のとおり「釘」になっているし、釘の長さも38mm前後あります。
これでは今回のようなカーテン生地を30mm角材に固定するには長過ぎ!

そこで、釘を抜いて25mmのビスに交換して使用します。
傘釘の釘は手で簡単に抜けるのです。

釘部分を抜き、ビスに交換したもの25mmのコーススレッドに交換したところです。
保持力も強くなり、ビスなので失敗しても抜くことが簡単にできます。(^^)v

カーテン生地の折り返し部を除去するため裁断する今回購入した生地は1.8m四方のサイズですが、これでは巾が有りすぎるため、両側をハサミで裁断し、巾1.1mにしました。

このようなカーテン生地は端部が折り返しになっているわけですが、巻き上げ方式で使用するなら、仮に巾が長過ぎなくても、両端の折り返し部分だけは切り落としたほうがいいです。

折り返し部分は他の面より厚みがあるため、そのまま巻くと均一に巻けず、ズレて斜めになったり、うまくロール状になってくれないのです。

丈夫でしっかりした生地なので、裁断したからといって糸がほぐれて困る・・なんてことはありませんでした。

もう一方の端部の芯材芯棒とは反対側の端部

こちらはヒモで引っ張られる側なので、やはり何か固いものに固定しないといけないし、かといって重いものでは引っ張り途中で垂れ下がってしまいます。

手頃な材料として、厚さ12mmのコンパネを巾4cmにカットして使いました。
そのままではザラついているので、アルミクラフトテープを貼ります。

傘釘(ビス)で固定こちらもやはり、ビスに交換した傘釘で固定。

ただしコンパネは厚さ12mmしかないので、25mmビスでも長過ぎ。
16mmの皿ネジを使いました。
(傘部分で4mmほどあるので、ギリギリで納まります)

中央に、ヒモを掛けるための穴をあけておきます。

取り付け

天窓の下に芯棒とカーテン生地を取り付け現場に設置

巾85cmの天窓に対して、巾110cmのカーテン(シェード)で対応します。

巻き付けて、セットした状態芯棒に巻き付け、ヒモと輪ゴムを設置。

この際、まだ全く引かれていない状態・・・つまりアイドリング状態とでもいいますか(^^ゞ・・・でも、芯棒にはある程度のテンション、つまり「巻き付ける力」がないといけないので、反対側に5~6回巻き、その状態で輪ゴムをかけます。

すると、ヒモを引き、これから天窓を隠す一歩手前の状態に戻したときには、すでに一定のテンションがかかっているというわけですね。
こうしないと、最後まで巻き戻ってくれないのです。

ヒモをスムーズに引くためのプーリー(滑車)ヒモは一旦、上方に引かれるので、天井面に中継地点として滑車(プーリー)を設置します。

※ 滑車があると抵抗が少なくスムーズですが、滑車無しで、単にアイストラップを通しただけでも十分いけます。

ヒモの先端を引っ掛ける自作のフックヒモの先端はリング状のものに結び付け、適当な位置に設けたフックに引っ掛けます。
(フックも自作ですが、何でも良い。)

天窓カーテンが、
1、完全に閉じた位置
2、中間地点(半分くらい閉じた位置)
3、完全に開いた位置

・・・の3か所にあればいいですね。
(1と3は必須。2はたくさん設けると便利)


広告
 天窓カーテン(開閉式)を自作