ダンボールで収納箱を作る


ダンボール収納箱頻繁に使うわけではないけれど捨てられない書類というのは、山ほどあるものです。
社会保険関係、確定申告書類、土地建物権利関係書類、各種保険関係から、手紙、年賀状、取扱い説明書類、各種の資料や写真、パンフレット類まで・・・
これらを皆さんはどのように保管していますか?

すべてをファイリングするのも面倒だし、ファイリングしにくい書類もある。ファイリング自体、決して安いものではない。
引き出しに保管するのは理想だけど、費用がかかりすぎる。かといってダンボール箱に詰めただけでは、使い勝手が悪すぎる。

そこで、材料費が非常に安い「ダンボール」を利用し、同一サイズの収納箱を、自分で簡単に大量生産する方法を思いつきました。
A4サイズの書類が程よく入り、手頃な深さ。 市販のカラーボックスに無駄なく収まる大きさです。

カラーボックスに収まるダンボール収納箱ダンボール収納箱の本体と蓋

蓋がついているので埃を被ることなく、書類が吹き飛ぶ心配なし。
市販のカラーボックスの一桝につき3個保管できます。2段式カラーボックスなら6個、3段式なら9個ですね。
書類を使用するときは箱ごと取り出し、蓋をあけて作業した後、また元に戻すというやり方。これがけっこう扱いやすいんです。

材量はダンボールなので、大き目サイズのダンボールがタダで手に入るなら、ほとんど費用ゼロで、収納箱をいくらでも増産できます。私はかれこれ30個以上作ってきました。
作るときは テンプレート(型板)を使うので、何も考えなくても同じサイズの箱を量産できるわけです。

ただし、無料で手に入るダンボールは、サイズはともかくとして厚みがあり過ぎることが多いので、やはり少し作りにくい面があります。
一番いいのは、ダンボールシートという、コンパネのように一枚の板状になったダンボールを使うのが作りやすいです。 私は近所のホームセンターで、コンパネと同じサイズ、即ち90cm×180cmで、厚さ5ミリのダンボールシートを購入して作ったものが多いです。
1枚250円ほどのシートから収納箱を3個作れるので、このダンボ-ル製収納箱は1個当たり約80円程度で作れることになります。


作り方

まずはベニヤ板で型板を作ります。 これさえ作ってしまえば、後は型板にそってカッターナイフでダンボールを切っていく単純作業となります。 このダンボール書類箱作りは、型板作りがすべてと言っていいくらい。
書類箱は中身と蓋から構成させているので、型板も当然それぞれのが必要になるわけですね。
型板は、厚さ4ミリのシナ合板を利用しています。

中身用型板と各部の寸法

中身用(本体)の型板中身用型板の各部寸法

蓋用型板と各部の寸法

蓋用の型板蓋用型板の各部寸法

ダンボール折り曲げ部分のスリット折り曲げて箱にするために、切り込みが必要です。

ダンボールの厚みも考慮して3~5ミリ程度のスリットを型板に設けておきます。

型板をダンボールに当ててカッターナイフでカットダンボールに型板を乗せ、型板にそってカッターナイフでカットしていきます。

カッターナイフでカット型板にそって切るだけなので、何も考えなくていい(^^)v

スリット部分もカットスリット部分もカットします。
この際、スリットの右側と左側に、きちんとカッターを入れます。

折り曲げ位置をマーキング折り目の目印の位置は、鉛筆などでマーキング

スリット部分のダンボールを切り取っておくスリットの部分は、細いながらも巾があるので、切り取っておきます。

ここは折り曲げる場所なので、ダンボールの厚みを考慮そておかないと、うまく折り曲げられないのです。

折り曲げる前の状態カット終了

ダンボールを折り曲げて箱を作る折り曲げるときは、何か定規のようなものを当てるとやりやすいです。

木工ボンドの塗布重なり合う部分に木工ボンドを塗り・・・

クランプで圧着C型クランプなどで圧着します。

この際、5cm四方程度のコンパネ端材をたくさん用意しておくと便利。
クランプだけでは均一に圧着できないので、コンパネ端材でダンボールを挟んだ上からクランプを掛けるといいです。

蓋と本体の、箱の出来上がり蓋(画像左)と、中身用(画像右)ができました。

蓋を被せた状態蓋をかぶせるとこんな感じ。

これにて1箱完成。

型板を使って簡単・大量に作れます。

  ダンボールで収納箱作り