ちょっとした屋根を作る

自作の小さな屋根
6.6㎡ほどの小屋根
広告

自宅と作業小屋の間にかけた、巾2.4m、長さ2.7m 面積6.6㎡ほどの屋根です。
ここは頻繁に通る場所だけど、これまで屋根がなくて不便でしたが、これで格段に便利に・・・(^^)

建物と建物の間隔が狭いので、柱を立てることなく、屋根だけを作ることができました。

施工前の状態
これが施工前

右が自宅。左が作業小屋。この間、約2.4mあります。
これをワンスパンで飛ばすため、垂木として2×8材を430ミリピッチで7本使用することにします。

材料は水湿に強いとされるWRC(ウェスタンレッドシダー)です。ウッドデッキの定番樹種ですね。

今回の垂木は勾配方向と直角に、水平に設置します。(屋根の構造が単純なため)

垂木を受ける部材(これも垂木と同じ2×8材)を、作業小屋に直接打ち付けます。 

仮止めのための手作り治具下地材を取り付けるにあたり、両端の高さ位置を墨出しした後、まずは一人作業の定番お助けグッズ・・・『仮止め治具』を小屋に仮止めします。

垂木の下地を取り付ける仮止め治具に2×8材を乗せ掛け、自分はもう一方の端(画像奥側)に移動し、墨線の位置で材をビス留めします。

次に、仮止め治具の位置に戻り、材を固定したら、仮止め治具をはずす・・・という手順。

この方法なら、一人でもいろんな作業をラクに出来ちゃいます。

垂木を受ける下地の設置小屋側の垂木受け下地はこのように固定されました。

屋根勾配は、もちろん急なほうがいいんですが、いろいろな制約を考慮して5%としました。

垂木を受ける下地の設置(反対側)自宅側の垂木受け下地の取り付け

固定位置は、2階テラスデッキの柱2か所と、もう1か所は末端に、ここだけは柱を立てました。
柱はやはりWRCの4×4材です。柱の基部はウッドデッキになってしまうので、荷重を分散させるため、広めのWRC板の上に乗せています。(この直下にはデッキの根太と束石があります。)

4×4材の柱の上部既存の柱にビスと金物併用で固定(左) 柱上部は欠き込みして2×8材を乗せかけ。
(右) 既存の柱にステンビス6本留めのほか、下からカネ折れ金物で補強

シンプソン根太受け金物さて、垂木とする2×8材を取り付けます。

ツーバイ材で何か作るときの定番、シンプソン金物を使用。
これは2×6用の根太受け金物

まず、釘ではなくビス1本で、金物が落ちないように仮止め

広告

金物を先に取り付けるとマズイので・・

根太受け金物は、見てのとおり材を上から落とし込むような形状をしています。

だから普通は先に金物を取り付けておいてから、材を落としこんで釘打ち・・・となるんですが、今回は小屋側の軒先位置が近すぎるため、スペースがなくて、上から落とし込めません。

そこで、金物を仮止めした状態で『横から』材を入れて取り付けることにしました。

垂木を乗せるための仮止め治具
またしても仮止め治具。

垂木を取り付ける位置に、こんなふうにコンパネの切れ端を、下地材の底からビス留めします。

治具の上に垂木を乗せた状態そこに乗せ掛けました。

この状態で仮止めビスをはずし、きちんと釘打ちします。

ステンレス釘38mm釘はステンレスの38mm

垂木の取り付け仮止めのコンパネは、1本終わったはずし、次の位置に取り付けます。

こうやって次々に垂木を設置

この方法だと、金物の下端が必ず下地材の下端と一致するので、垂木の『通り』が凸凹することはありません。

現物合わせで長さを測る垂木の長さを正確に測るには、このように、現物に長さを写し取る方法が一番

通称『バカ棒』ですね。
扱いやすい細めの木材を、一端を端に押し付けて・・・

バカ棒による計測もう一端で、長さ位置をマーキング

垂木をカットする位置に墨付けバカ棒を材料の上に乗せ、マークした位置で墨線を描き、カットします。

これなら寸法間違いの可能性、ほぼ無し (^^)v

バカ棒を使ったこういう『現物合わせ』の方法は、セルフビルドや木工・DIY作業の基本だと思っています。
私の自宅建築で例えば外壁材の長さをカットするときとか、その他たくさんの場面で大いに活躍しました。

垂木の取り付け完了垂木7本。 全部つきました。

今回の屋根の断面構造 あとはこの上に屋根下地となる『野地板』を張るのですが、今回は野地板を2層構造にしました。

下層は、下を歩く人から見えるので、見栄えを重視して無垢の杉板。
ただし無垢材は、あとで必ず巾が縮んでスキマができます。

そこで上層に構造用合板を張ります。2層の厚さの合計は24mmとなり、十分でしょう。

スギ野地板への塗装杉板の片面だけに、オーク色の木材保護塗料を塗っています。
こちらは見えがかりになる面。

杉板の野地板の取り付け塗装面を下にして、杉板の取り付け。

板の端部が飛び出ないよう、あらかじめ、端の垂木に仮止め板を打ち付けておき、杉板は、その仮止め板にぶつけるようにして位置を決めます。

杉板の厚さは12mmしかないので、コンパネを敷いた上に人が乗ります。(荷重の分散)

合板の野地板張り次に上層の合板を張り付け。

ルーフィングの張り付けそのうえにルーフィングをタッカーで固定

ルーフィング張り付け完了ルーフィング、張り終えました。

チョークラインによる、釘打ち位置の墨だし下地の垂木のラインが見えるよう、チョークラインでマーキングしてから・・・

波板の張り付けポリカ波板を張り付けます。

チョークラインでマークした線が、笠釘を打つラインになるわけです。

波板の張り付け完了全部張りました。


小屋側の軒先と、今回の屋根は、高さのクリアランスがほとんどないので、小屋の軒先の下には屋根を張れません。

そこで、小屋の軒先部分は、波板をまくりあげて、小屋の軒先垂木の下から笠釘で固定しました。
『ひねり技』だけど(^^ゞ これで雨が吹き込むことはなくなるはず。

既存の小屋の軒裏へ、波板の巻き上げ既存の小屋の軒裏へ、波板の巻き上げ


広告

雨どいの設置屋根の末端には雨どいをつけました。

あと、ここには煙突が立ち上がっている場所があるので、落雪が煙突にぶつかって破損する・・・なんてことがないようにしないといけませんでした。

煙突の直前に、胸壁を作ります。まずは角材とコンパネで下地を作り・・・

既存の煙突を保護するための胸壁トタン板で覆いをかけます。

胸壁の完成全体をトタン板で覆い、煙突を保護しました。

DIY屋根の完成完成

これでなにかと便利になりました。

この屋根の下は、夏は日陰で風通しよく、涼むのに最高!

広告
 小さな屋根をDIYで