物干し竿受け ~ 巾と高さを3段階に


自作のお物干し竿掛け ~ 高さと巾を自由にカスタマイズできる
わが家の1階にある屋根付きウッドデッキは、物干しスペースとしても使うのですが、これまでは物干し竿を掛ける位置のことで何かと不便でした。
というのも、夫婦の身長差がかなりあるため、妻の要望どおりの高さに物干し竿をかけると、そこを通過するときに私の頭がぶつかり、私の要望どおりに高くすると、妻が洗濯物を干すときにやりにくい・・・という具合

そこで、使い勝手が良くなるよう、上の写真のように改善!

  1. 普段は物干し竿を上段穴にかけておく。身長の高い私でも頭をぶつけずに楽々通過 (^^)
  2. 身長の高い私が洗濯物を干すときは、上段穴をそのまま使う。
  3. 身長の低い妻が洗濯物を干すときは、中断穴を使う。作業がラクチン (^^)
  4. 布団を干すときは下段穴を使う。重い布団を高く上げずにすむ。かつ、BとCに掛けた2本の竿にかけることで乾燥しやすくなる。(^^)
  5. カーペットのような面積の広いものを干すときは、AとCに竿をかけて干す。 下段穴が使いやすい。

製作

取付位置の確認材料は2×4材と1×4材

設計の位置に仮留めして、これで良いかどうか確かめてみる。

パーツの塗装その後、周囲の柱と同じく、水性塗料でアイビーグリーンに塗装

物干し竿を入れる穴加工されたパーツ竿を掛ける部分は1×4材

3箇所に穴をあけたものを取り付け。

竿掛けの全体像反対側

筋交いがあるため、微妙に避けるよう、穴の位置と高さをよく考えました。

竿を2本掛けた状態下段穴に竿を通し、布団を干す完成!

 物干し竿掛け