DIY 日曜大工で家をつくる

[ホ−ム] [BBS] [家作り] [小屋作り] [豆知識] [簡単DIY] [参考書] [サイトマップ]

キッチンパネル(不燃化粧板)の施工


キッチン周りの壁は、タイルだと目地の部分が汚れやすいので、わが家ではメラミン樹脂の不燃化粧板を貼っています。いわゆるキッチンパネルです。
画像右側は、キッチンを業者に取り付けてもらうときに同時に貼ってもらったのですが、表面がツルツルで拭き掃除がしやすいうえ、硬くてキズがつきにくく、汚れや熱にも強いということで気に入っています。
既存のキッチンパネルと今回貼り増ししたキッチンパネル

「こりゃー、いいもんだ!」ということで、少し貼り増しすることに・・・

油汚れが気になりだしたレンジ前面横の壁に、ホームセンターで見つけたキッチンパネルをDIYで施工してみました。

施工は意外に簡単! でももう少し価格が安ければいいのにな〜


タキロンのキッチンパネル セラリエX これが私の購入したキッチンパネル。

タキロン株式会社の不燃化粧板「セラリエX」というものです。
厚さ3ミり、サイズは巾910で、長さは2420ミリ、1210ミリ、605ミリの3種類ありましたが、画像は長さ1210ミリのもの。
これでもやや余る予定なので、少しカットすることにします。
きれいです。表面がテカテカ光っていていい感じ♪

正確な価格は忘れてしまいました。1枚8000円くらいだったと思います。決して安いものではないですねー。
それでもタイルを貼るよりは安価なのだそうですが。

キッチンパネルの施工方法


ホームセンターのキッチンパネル売り場には、このように、施工方法が書かれたパネルが貼ってありました。 ということは、DIYで貼る人もけっこういるのかな?

もちろん施工説明書もついてくるので、施工方法に悩むことはありません。
パネルを貼る場所の石膏ボードと、邪魔になるコンセントや不凍栓 わが家の場合は、取り付ける場所の下地は石膏ボードです。

ほかに、下地としてはタイル壁、耐水合板、モルタルなんかも良いそうですが、ビニルクロスの場合は、クロス自体がはがれるおそれがあるため問題アリなんだそうです。

壁面から、不凍栓のハンドルやら、コンセントやらが出っ張っているため、キッチンパネルの該当部分に、穴をあけなければなりません。

もしも穴の位置がずれてしまうと、高いキッチンパネルが無駄になってしまうので、慎重に計測しましたよ。

コンセントプレートを外した状態 不凍栓やコンセントは取り外しておきます。コンセントなどの穴に合わせてキッチンパネルに穴をあけ、キッチンパネルを貼ってから、コンセントプレートを被せれば、きれいに納まるのです。

1 キッチンパネルの切断

キッチンパネルの切断手順1 キッチンパネルの切断は、プラスチックやアクリルをカットするときに使うアクリルカッターで、定規にそって表側から数回キズをつけます。
キッチンパネルの切断手順2 キッチンパネルの切断手順3 その後、切り込みラインを折り曲げます。曲げを何度か往復させると、パッキンッ! と折れてしまいます。これで切断完了。

2 切断面のバリ取り

サンドペーパーでバリ取り" 切断面はケバだっているので、木片にサンドペーパーを巻きつけて、擦って滑らかにします。
ガラスっぽい感じの素材なので、手袋をしていないと手を怪我しそうな雰囲気・・・


3 穴あけ加工

キッチンパネルへの穴あけ ジグソーでパネルのカット コンセントの穴あけです。

まずはドリルで穴をあけ、ジグソーのブレードを通して、ジグソーでカットしました。

切断面をきれいにするためには、ドリルは表側から、ジグソーは裏側からかけたほうが有利。化粧面から刃が入るようにするということですね。


4 見切り(ジョイナー)


見切りジョイナーをカッターナイフで切断
見切りジョイナー
こんな形状です
パネルの周囲には、このようなジョイナーと呼ばれる見切り材を被せておくときれいに納まります。これもホームセンターにいろいろな形状・サイズのものが並んでいます。

このキッチンパネルの端部には、画像のような形をしたものを被せました。パネルの厚み(3ミリ)にぴったりサイズです。買う前に、ホームセンターで実際に被せてみて確かめました。
切断や穴あけ加工の終わったキッチンパネル キッチンパネルの加工終了(^^)

5 下地への貼り方

パネルの裏面に接着剤を塗布 寸法を合わせて切断したキッチンパネルの裏面に、施工説明書に従って、付属の両面テープを貼り、さらに接着剤を塗ります。

今回使った接着剤は、商品名「タキボンド」というもので、セラリエXにはこれを使うように指示されてました。
これをコーキングガンにセットして押し出します。

キッチンパネルの裏面がフローリングと同じ色なので、よく分からない画像ですね(^^ゞ
パネルを壁面の石膏ボードに貼りつけた状態 接着剤が乾かないうちに、下地に押し付けて終わり。

裏面に貼った両面テープが、キッチンパネルと下地を密着させる作用をするので、そのままの状態で接着剤が固まるまで保持できます。

この後、不凍栓のノブや、コンセントプレートを被せて元に戻します。
キッチンパネルの取付け完了
完成!

パネルを貼らなかった残りの壁には珪藻土を塗りました。


 
60万円で10坪(20畳)の小屋を、自分で作る
    一歩踏み込んだ日曜大工の解説ビデオ(DVD)


自分で家を建てるためのワザがギッシリ詰まった画期的なDVDビデオ

経験のない方でも、これを見れば一目瞭然!
別荘・工房・ガレージ等々を、自分ひとりで作れるようになります(^^)v

≫≫  詳しく


[ホ−ム] [BBS] [家作り] [小屋作り] [豆知識] [簡単DIY] [参考書] [サイトマップ]