トップ > 家作り

こんな家が出来ました (^o^)

セルフビルドの自宅全景(東南方向から)
全景(東南方向から)
平成16年5月撮影

全景(南西方向から)
写真が繋がらないので、2枚に分けました(^^ゞ

広告

設計、基礎工事から、木造軸組み、屋根、外壁、内装、電気配線に至るまで、個人の手作りによるものです。
1、2階、ロフト合わせて42坪。熱交換24時間換気システム、ペアガラス樹脂サッシによる台形出窓4箇所、トップライト3箇所付きです。
内装は、出来るだけ自然素材をということで、無垢の羽目板と珪藻土を主体にしています。

広告

玄関ドア周り玄関の様子

入り口のデッキは仮設のもので、後日、広めのウッドデッキをつくろうと思います。

玄関ドア横のトレリスは、建築残材を利用して手作りしたものです。市販のものより色落ちせず、頑丈です。

ちなみに上の玄関写真は平成16年のものですが、平成26年現在は南側に屋根付き2階ベランダやウッドデッキなどを増設して、こんな感じになっています。 

完成したベランダ柵と、花壇やアプローチなど、庭の全景これは玄関に至るレンガ敷きのアプローチです。アプローチももちろんDIYです。
家の南側には2階建ての屋根付きベランダを増設しており、1、2階ともウッドデッキの床になっています。
ここは陽当たりが良いし屋根もあるので、洗濯ものを干したり、夏の夕暮れにビールを飲むのに丁度よい、お気に入りにスペースとなっています。

【関連ページ】⇒ レンガ敷き

【関連ページ】⇒ ベランダの柵

DIYで作ったベランダの柵(フェンス)2階ベランダの柵にはプランターを5個配置し、あこがれの『ヨーロッパの田舎の家』の雰囲気を目指しているんですが・・・(^^ゞ

   【関連ページ】⇒ ロールスクリーンの日よけを自作

廊下の羽目板腰壁と珪藻土壁玄関から廊下を見たところ。

左側ドアを開けると、8畳と6畳の部屋があります。
廊下の巾は4尺(1m21㎝)なので、実寸1m5㎝くらい。

廊下の壁は、腰壁から上は珪藻土です。

【関連ページ】⇒ 珪藻土壁

手作り網戸廊下に面した西側の

3枚連続しているのでかなり明るいです。

縦開き部分には開閉式の網戸(自作)を取り付けました。

 【関連ページ】⇒ 自作網戸の作り方

ヒバの階段と、周辺の羽目板壁階段登り口附近

踏み板は青森ヒバの無垢の厚板(45ミリ)で、安定感があり、ほんのりとヒバの香りがします。

壁はホワイトウッドの無垢の羽目板で、色が白っぽいために光を反射してかなり明るく感じます。

手作りのニッチ壁のあちこちに、壁の厚みを利用して、このような壁面飾り棚(ニッチ)をつくりました。

横からアクリルガラスを溝にスライドさせてはめ込んでいるため、中に埃が入らず、その日の気分応じていつでも中身を交換できます。

 【関連ページ】⇒ 内装壁

これらもそのひとつ

階段の吹き抜け部分階段の吹き抜け部の様子

階段の踊り場付近階段は東側に3枚連続の窓があり、午前中は朝日が入ってとても明るくなります。
階段の勾配は最も快適な約38度で、比較的ゆるく、一枚の踏み板の幅も27cmあります。

また、途中、約一畳の踊り場で折り返すようになっているため、階段の上り下りにあまり恐怖感はありません。

【関連ページ】⇒ 階段の作り方

2階のリビングの様子約18畳のLDKです。

わが家のリビングとキッチンは2階にあります。
そのほうが眺めがよくてイイ感じ(^^)

猫を飼っているため、床は複合フローリングにしましたが、壁は羽目板と珪藻土。天井も無垢の羽目板です。

【関連ページ】⇒ フローリング 

システムキッチン2階のLDKに設置した対面式システムキッチン

幅255cm、引き出し式収納、ジャンボシンク、ガラストップの内炎バーナーコンロです。
右側のサイドパネルに見えるのは、石油給湯器のリモコンで、ここからボタンひとつで、1階にあるお風呂を自動で沸かします。

【関連ページ】⇒ キッチン

キッチンからリビング方向を見る対面キッチンからリビング側を見たところ。

2階リビングの内装も、やはり羽目板と珪藻土です。

2階リビングの東側台形出窓でくつろぐ猫たち

窓はすべて、断熱ペアガラス樹脂サッシで、今のところ結露が見られません。

ペアガラス樹脂サッシの台形出窓 台形出窓は部屋としての広がりが感じられて、小物を飾ることもできるので是非ほしいものです。

ハウスメーカーのオプションだと、1個50~60万円もするこの出窓も、自分でつくれば材料費だけなので、贅沢に4個も取り付けました。(^o^)

【関連ページ】⇒ サッシ・出窓の取り付け

DIY ロフト階段2階リビングからロフトへ上がるためのロフト階段。

少ない設置スペースで済み、かつ、梯子と違って前向きで上り下りできるよう、『互い違い階段』です。もちろん手すり付き。

階段下収納として、引き出しを6段作りました。

【関連ページ】⇒ ロフト階段の自作

広告

24時間換気システムの吸い込み口24時間換気システムの吹き出し口熱交換換気システムを、材料だけ買って、自分で取り付けました。
左の写真が、部屋の汚れた空気の吸出し口、右の写真が、外の新鮮な空気の吹き出し口(各部屋に設置)です。

天井裏を断熱ダクトで配管し、部屋の暖まった空気の熱の大半を逃がさずに、空気だけ入れ替えることができるというものです。

 【関連ページ】⇒ 24時間換気システム取り付け

トップライトと、手動の遮光スダレ開閉の様子リビング吹き抜け部分のの天井に設けたトップライト(天窓)

これがあるため、リビングの窓から離れた奥の部分にも光が行き届きます。
下からヒモを引いて、手動でスダレを上げ下げできるようにしました
(^^ゞ

【関連ページ】⇒ 屋根の作り方
      ⇒ 天井の作り方

珪藻土壁の白をバックに観葉植物が映える・・の図火打ち梁(水平方向の歪みを防止するため、梁と桁の間に斜めに取り付ける部材)は、観葉植物をハンギングするとき便利

トップライトの自作日除け後日、トップライトの日除けは「スダレ」に替えて、自作のロールスクリーンにしました。

リビングからヒモを引くとシェードが上がり、戻すときは「ゴム動力」でシェードが下がります(^^)v

【関連ページ】⇒ 天窓の日除けを自作

寝室の羽目板壁とペアガラス樹脂サッシ台形出窓2階寝室の壁と出窓

【関連ページ】⇒ サッシ・出窓の取り付け

寝室の梁・勾配天井と、トップライト寝室のトップライト

寝室壁面の照明器具寝室の間接照明

この照明は、寝室内の3箇所にスイッチを設けたので、どこで寝ていても便利に操作できます。
自分で電気配線をすれば、こういうことも自由にできます。

 【関連ページ】⇒ 電気配線

1階トイレ・洗面所付近のドアと、珪藻土壁トイレのドア(左側)と、洗面所のドア(右側)

本当は建具も自作したかったけれど、事情により既製品を買って取り付けました。
この家に6枚あるドアは、すべてデザインが違います。

なお、既製品のドアは、枠の垂直・水平さえきちんと確認すれば、取り付けは極めて簡単にできます。
左側の壁にあるのは、家の形をしたニッチです。その下は猫専用トイレで、ニオイがなるべく部屋に出てこないようにしてあります。

この壁は全部珪藻土

【関連ページ】⇒ 室内建具

1階の洗面脱衣所

広さ3.8畳あります。

【関連ページ】⇒ 水周り

自作の網戸階段踊り場の上げ下げ窓に取り付けた、自作の網戸

【関連ページ】⇒ 自作網戸の作り方

以上でおしまい

家作りの作業は、生コン打ちや棟上げなどの際に友人たちに手伝ってもらいましたが、その他は基本的に一人で黙々と・・・。しかし建築途中の家の中で何度も寝泊りしたり、友人たちを呼んで宴会したりしていました(^^ゞ

工事は平成6年秋から始めましたが、本業多忙や遠隔地への転勤などでほとんど作業が進まなかった時期もあり、また、例年冬は積雪で現場に近づけないためお休みとなり、何度も中断をはさみながらも、平成16年春には一応の完成となりました。 かかった費用は材料費と外注工事費(水道工事など)全部含めて約860万円  その時々の給料・ボーナスから支出してきたため、ローンはありません(^^)v  長い期間がかかったことで、かえって予算面では良かったかもしれません。 
 ◇ 参考ページ ⇒ セルフビルドの費用について (この家の建築費用内訳など)

また、在来工法(木造軸組み工法)を採用したため、早い時期に屋根ができてしまうことから、工事に長期間かかっても雨にさらされることが少なく、作業の進捗が遅いセルフビルドには好都合でした。 床から順に作っていくツーバイフォー工法では、屋根まで達するまでに合板が何度も雨にさらされることになってしまったでしょう。

広告