トップ > 家作り  

テレビアンテナ線の配線

テレビコンセントの組立て
テレビ用壁コンセントの組立作業中
広告

自宅の地上波のアンテナは電気屋さんに取り付けてもらったんですが、屋内配線や壁コンセント、BSアンテナの設置などは自分でやりました。

アンテナからテレビまでの配線経路は、VHF/UHFのアンテナやBSアンテナ ⇒ ミキサーで合流 ⇒ テレビが2個以上ある場合、屋内配線の分配器で分配 ⇒ テレビ用壁コンセント ⇒ テレビへ・・・という流れが、今は普通なんじゃないでしょうか。
もしや、もっと進化してたりして?  取りあえず、うちではこういう配線です・・(^_^;

ただしBSアンテナは屋根の上ではなく地上近くに置いてるので、線は合流せず別々に引いてますけど・・・
テレビアンテナ線の配線は見よう見まねでやってみましたが、一応ちゃんと映っています。(^^ゞ

壁にテレビ用コンセント(F型テレビ端子)の取り付け

既存のテレビの裏面テレビを置く場所の裏側です。見苦しい画像でお恥ずかしい(^^ゞ

内装壁を貼る前に、壁の中にコンセントボックスだけは取り付けておきました。
取りあえず、ボックスのところの穴から地上波のアンテナ線とBSアンテナ線を出し、この状態でテレビを見ていましたが、これではやはりカッコワルイ(-_-;)

スッキリさせるために、壁にテレビ配線用のコンセントを設置することにします。

アンテナプラグと直列ユニットテレビコンセント設置のための材料。

アンテナプラグ (75Ωケーブル用のF型端子プラグ)と、テレビコンセント用直列ユニットです。

ホームセンターのテレビアンテナ配線器具売り場にすべてありますが、直列ユニットは電源挿入型とか電流カット型などの種類があって、私にはその違いがワカンナ~イ(^^ゞ

取りあえず、2種類買ってみた。たしかBSアンテナには電気を送るはずだから、電源挿入型が良いのかな? という程度の知識でした(^^ゞ

しかしその後ネットでいろいろ調べてみると・・・

  1. 電源挿入型はテレビ端子からの電流を通過させるものなので、BSアンテナとかブースターなどの、電源を必要とする機器に電気を送る場合は、壁コンセントは電源挿入型を使う。電源挿入型は端子部分が赤い。
  2. 電流カット型は、その名のとおり電流を通さないので、電気を必要としないVHFやUHFアンテナと繋ぐ場合に使用。

・・・ということが分かったので、うちの場合はBS用はもちろん、地上波アンテナにもブースターがついているので、どちらも電源挿入型としました。
この辺のことは、ココココ を参考にさせていただきました。感謝。

直列ユニット、F型コネクタ、取り付け枠、コンセントカバー配線材料その2

左上が直列ユニット

その下がF型コネクター(5Cケーブル用)と、かしめ用リング

中央と右は、一般の電気配線にも使われる、取り付け枠とカバーです。

S-5CFBケーブルわが家のアンテナ線の種類は、S-5CFBケーブルという同軸ケーブル。

これはUHF/VHF、地上デジタル、BSアナログ、BSデジタル、CSなど全ての放送に対応できるということで、今一番一般的なケーブルだと思います。

うちは地上波のアンテナとBSアンテナはミキサーを経由せず、それぞれのケーブルが伸びています。どっちがどれだか分からなくならないように、名札をつけておきました。

壁の穴の中には、電気配線に使うのと同じコンセントボックスを間柱に固定してあります。

広告

F型コネクター取り付けのための、同軸ケーブルの加工

F型コネクターと取り付け説明図アンテナ線に取り付けるプラグ。F型コネクター

これをつけるための同軸ケーブルの加工はけっこう面倒で苦手だったのですが、こちらのページを参考にさせていただいてからは、うまく出来るようになりました。ありがとうございます。

カッターで同軸ケーブルの周囲に切れ込みを入れるまずは5Cケーブルにカッターで一周切り込みを入れ、

カッターで縦にも切れ込みを入れる縦にも切り込みを入れ、

ペンチで被覆を剥くペンチで外側の被膜をムキムキして・・

被覆を剥いた状態まずはこうなった。

組網線を円状に広げるすぐ下にある組網線を切らなくちゃならないので、切りやすいように、円状に広げます。

ハサミで組網線をカットする広げた組網線を、ハサミで根元からジョキジョキ・・

アルミ箔を取り去った状態その下にあるアルミ箔を、カッターで切って取り去り、こんな感じになりました。

長さカットの位置を記すここまでは長さに余裕をみていたので、ここから所定の長さにカット。

商品パッケージの裏面に書いてある寸法のとおり、絶縁体の上にカット位置をマーキング。

芯線と絶縁体をカットした状態芯線も絶縁体も、所定の長さにカットしました。

プラグを差し込む先に「かしめ用リング」を通し、プラグ(コネクター)を差し込んで・・

芯線の先端の「出」を確認奥まで差し込んだら、プラグの先端から芯線が何ミリ出ているか確認。

2ミリが正解なので、もしも長すぎたら、この段階でコネクターを一旦抜き、芯線をカット。 先端は斜めにカットします。

かしめ用リングを締めるかしめ用リングをペンチで挟んでギュッ!

これって、けっこう快感(笑)

F型コネクターの取り付け完了同軸ケーブルへのF型コネクター取り付け完了。

まっ、こんなもんか(^^)v

2本のケーブルにそれぞれコネクターをつけた地上波とBSの、それぞれのアンテナ線に取り付けました。

ケーブルの加工方法説明ちなみに、これが商品パックの裏に印刷されている、ケーブルの加工方法

広告

テレビコンセントの取り付け

取り付け枠電気配線のときに使われる取り付け枠。

これに、テレビアンテナ線のコンセントとなる直列ユニットを取り付けます。

取り付け枠へユニットを固定するユニットを枠の突起に引っ掛け、枠の右側の穴にマイナスドライバーを差し込んで捻ると・・・

ユニットが装着された状態こんなふうに固定されるのです。(^^)v

これは電気配線のときに、各種のスイッチやコンセントを個別に購入して取り付けるときも同じです。

ユニットへのF型コネクターの接続直列ユニットの端子はネジが切ってあるので、そこにF型接線を締めこみます。

ユニット2個で穴の中に納まらない状態ここで失敗!

ユニット2個を、取り付け枠の上段と下段につけてケーブルを繋いでみたところ、
んんん・・? これじゃー、穴の中にすっぽり入らない!

こういうのって、1個のテレビコンセントに対してユニット1個が普通では?
2個つけるのは無理なのかな~?

しかも、やっぱり「電流カット型」の直列ユニットでは、テレビは映りませんでした(^_^;
両方とも「電源挿入型」にします。

ユニットの固定位置を変更諦めきれずに、今度は枠の下段と中段につけてみました。

そうすると、枠の上段が空いてしまうので、ここにはダミーの蓋を取り付けます。

ブランクチップちゃんと有るんですね。ダミーの蓋。

配線器具売り場に「ブランクチップ」というのがありました。これをつけます。

壁の穴にうまく納まった状態うまく納まりました。(^^)v

上段に見えるのがブランクチップです。

テレビコンセント取り付け完了プレートを被せ、テレビコンセントの取り付け完了!

アンテナ線の差し込み地上波とBSの、それぞれの線のアンテナプラグを、コンセントに差し込んでいます。

バッチリ映りました(^^)v  メデタシメデタシ・・・

広告

屋根のアンテナ ~ 屋内配線

屋根のアンテナ地上波のアンテナは、屋根の一番高いところに、電気屋さんに立ててもらいました。

ここをスタートして、アンテナ線(同軸ケーブル)を外壁を貫通して屋内に引き込みます。

テレビアンテナ線の配線器具、3分配器屋内配線では、2台のテレビに分配させてます。

画像は3分配器なので端子が1個余ってしまいました。将来テレビが増えたら使います。

BSアンテナの設置風景

参考までに・・・
これは自宅のものではありません。
集合住宅(アパート)に住む知り合いが、冬場に屋根の上の共同BSアンテナに雪が附着して時々見えなくなるというので、冬期間限定で個別のBSアンテナを設置してあげたときの様子です。

購入したBSアンテナ買ったのは定番のBS、110度CSデジタル対応45センチのアンテナ。

7900円ほど。

サイドベース取り付けに必要なサイドベースも買いました。

これはアンテナサイズ45センチまで取り付け可能なタイプで、3270円。

BSアンテナ設置場所のベランダ柵アンテナの設置場所として、ベランダの柵を利用することにしました。

ここなら、BSアンテナに雪が付いてしまっても地面から手で簡単に払うことが出来るので、冬場のアンテナ設置場所としてはGoodかな。
冬はここに花を飾ることもないので。

春になったら共同アンテナからの受信に切り替え、ここのアンテナは取り外します。

サイドベースの取り付け取り付け用サイドベースを、クッション代わりの板を挟んで、柵に固定しました。

BSアンテナの円盤とアームの接続アンテナの円盤とアームを接続して

本体をサイドベースに取り付けサイドベースに取り付け。

BSアンテナを向ける方向は、大雑把にいって南西方向なので、仰角を固定した後、テレビを見ながらアンテナを横に振ってみて、映ったところで固定。

仰角を合わせるための目盛り仰角は、アンテナ本体に日本列島の各地名ごと目盛りが書いてあるので、合わせるのは楽ですね。

もちろんサイドベースの軸が垂直に立っていないとダメですけど(^_^;

ケーブルの接続S-5CFBケーブルにF型コネクターを取り付け、アンテナと合体!

防水キャップをかぶせる付属の防水キャップを被せて完了

エアコンダクトを通して、ケーブルを室内に引き込むアンテナ線を室内に引き込むルートは、定番の、エアコンダクト穴です。

テレビでBS放送を見る最初はいくら角度を調整してもテレビが映りませんでした。うーん、おかしい・・・

調べてみると、テレビ側の設定で、受信アンテナを「共同」か「個別」かを選択するようになっていました。

これまで、アパートの共同アンテナから受信していたため、そのままの設定だと映らないというわけでした。

個別アンテナからの受信に設定替えした途端、バッチリ受信。 メデタシ・・・

広告