ハーフビルドの家作り

広告

写真の家は、母のために自宅隣に平成21年に着工した、延べ床面積約18坪の平屋の建物です。
この家はハーフビルドで作っています。 ハーフビルドとは、ハーフ・セルフビルド。 つまり家作りの一部を業者に依頼し、残りを自分たちで作業して作るという方法です。

危険を伴う作業や、大きく重いものを扱う作業、技術的に難易度の高い作業などを外注し、内装などの比較的楽しい部分を自分たちでやるハーフビルドはメリットが多く、最近はけっこう流行ってきているのではないでしょうか。

とはいえ、やはり完全なセルフビルドよりは費用が高くなります。

また、一口にハーフビルドと言っても、

  1. ハーフビルドを扱う工務店と家作り全般の契約をして行うケース
  2. 外注する業者を自分で個別に選定して直接契約するスタイル、いわゆる分離発注という形・・・の2通りがあると思います。 今回私がやっているのは後者の、外注部分を分離発注とする方法です。


分離発注の場合、当然、業者さんを探し出して依頼内容を伝え、見積りを取って契約するということになるんですが、じつはこれ自体、自分でやるとなると、分からないことが多いんですよね~

業者の探し方、選び方がイマイチ分からないし、適正な工事価格とか、どんなタイミングで業者に入ってもらうか?(例えば基礎工事の最中に水道業者が配管する際など)、依頼するときにどんな資料を用意しておくべきか? 等々・・・

こういうのは皆ケースバイケースだと思いますが、「私の場合はこうだった」ということでまとめてみました。
分離発注+DIYによるハーフビルドを考えている方に、何がしか参考になれば幸いです。


広告

目次

クリックすると、そのページに飛びます。

今回の家作りの、外注部分とDIYでやる部分の区分け

外注部分(分離発注による)

 設計と確認申請、地盤調査、基礎工事、構造材のプレカット、棟上げ作業、足場架設撤去、屋根仕上げ、給排水工事、電気引き込み工事

自分でやる作業(DIY)

 棟上げ以降の垂木・野地板・破風、筋交い、間柱、構造用合板等の木工事一切、建築金物、窓枠、サッシ取付け、外壁、デッキ、玄関ドア、電気屋内配線、断熱材、内部建具、換気扇、床・壁・天井などの内装工事一切

広告