DIY 日曜大工で家をつくる
屋根付き2階建てテラスを作る工程

1階の組み上げとウッドデッキ製作

屋根付きウッドデッキの1階部分完成状況

2階建て屋根付きなので、しっかりした基礎を作りました。
これから土台据え付け⇒1階の軸組み⇒1階のウッドデッキ作り と進んでいきます。それが終わってから2階を作ります。

土台の据え付け

土台の底面に防腐剤塗布
柱や梁は普通の水性塗料での塗装だけど、土台だけは防腐剤を塗ります。

最初に全部塗ってしまうと組むときに手についてやっかいなので、下面だけ先に塗ってしまいます。

最初の土台材を基礎に取り付けアンカーボルトの位置を正確に写し取り、穴をあけてから土台をセット。

土台の継手 腰掛鎌継ぎ継手は腰掛鎌継ぎ。プレカットの定番ですね。

加工精度は高いので、面白いように組んでいけます。
パズルみたい♪

土台の仕口 大入れ蟻掛け仕口は大入れ蟻掛け

土台据え付け風景『日』の字型の土台配置ですが、中央が少しキツかったので、突っ張り棒をかませた状態で、中央の土台をはめ込みました。

土台据え付け完了アンカーボルトを締めて、土台据え付け完了!

防腐剤は柱建てを終えてからやります。

1階の軸組み

柱を立てる
柱を建てていきますよ。

梁を据え付ける足場に乗り、梁を柱に挿し込み、上から叩いて入れます。

カケヤで梁を柱に叩き込む猫が作業を応援している

2階の部屋から見ている猫が、うちの現場監督です(笑)

筋交い以外は1階部分の組みあがり1階部分が組みあがったら、柱の垂直を調整、確認して、仮筋交いを打っときます。

そして各種ボルト類、建築金物を取り付け
今回使ったのは、定番の羽子板ボルト、六角ボルト、山型プレート、2倍筋交い金物、帯金物です。

筋交いのクロス掛け干渉部分の欠き込み加工次に筋交いの加工。
筋交いはプレカットにしていなかったので、自分で加工しなくちゃなりません。

今回の筋交いは断面が60×105のものを使用するので、そのままクロスに掛けると巾が60+60=120 で、柱や土台・梁の巾が105なので、120ー105=15mmはみ出てしまいます。

筋交いのクロス掛け干渉部分の欠き込み加工、その2 よって、クロスに掛ける筋交いのうち、片方の干渉する部分を15mmだけ厚さを欠きとります。

まずは丸鋸で筋目を入れ、ノミで欠き取り。

1階部分の軸組み完成状況筋交いを入れ、塗装し、上下端部を筋交い金物で固定しました。

これで耐震性バッチシ(^^)v




ウッドデッキ作り

ウッドデッキの根太受け金物の高さ調整
今回のウッドデッキは、デッキ材も根太も、どちらも同じ2×6材を使います。

設計では根太天端は土台天端より約40mm(デッキ材の厚さ分)上がった位置なので、それに合わせて根太受け金物を土台にセットします。

写真は、高さを正確に合わせるための簡単な治具を用いて、金物の位置合わせをしているところです。

根太受け金物の取付けツーバイ材用の根太受け金物を取り付けました。

主屋側の根太の取付けこれと直交する方向はデッキ材を主屋まで伸ばすので、土台に抱かせるように根太を取り付けました。
高さは、同じように簡易治具を使って正確に合わせます。

残りすべての根太の取付け根太を取り付けてみました。

各々の高さが合っているか、単管パイプを乗せてチェックしているところです。

デッキと同じ2×6材による束根太の中間に入れる『束』も2×6材で代用。

根太を両側から挟むようにして固定しています。

『束石』は、空洞ブロックの空洞をコンクリートで埋めたもので代用。

ここは屋根の下でほとんど雨があたらないので、地面スレスレでよしとしています。
『束』の下端からブロックの水分を吸水しないよう、アスファルトルーフィングを挟みました。

デッキ材を張るあとはせっせとデッキ張り。

デッキどおしの隙間を一定にするためのスペーサーこれはデッキどおしの隙間を一定にするためのスペーサーです。
木片に2.5mm程度の厚さの薄ベニヤをくっつけた簡単なもの。

最低3個必要です。
デッキ材は、真っ直ぐでなく微妙に曲がっているものもあるため、両端と中間にスペーサーが必要なんです。

スペーサーを使用してデッキを固定してる様子

スペーサーにデッキ材を押し付けるようにして、ステンレスコーススレッド75mmで打ち留めていきますが、デッキ材が曲がっていると、スペーサーが強い力で挟まれるので、抜くときに力が必要です。スペーサーを左右に振りながら抜くといいです。

デッキ材の、柱などとの取り合い部分を欠き取る柱がある個所はそれに合わせて欠き取りしなくちゃならないので、屋根付きウッドデッキはそこが少し面倒ですね。

柱や筋交いのある場所にデッキ材を取り付け今回の場合は柱だけでなく、筋交いもあるので少し複雑

主屋側のデッキ材主屋側のデッキは『片持ち梁』状態になるので、柱の真後ろは支点を2か所確保するため、こんな苦肉の策で・・

主屋側のデッキ材をうまく納めた様子なんとか納めました。

デッキ張り作業半分終了着々と進めていきますよ。

丸鋸で端部を一気にカット最後にラインを真っ直ぐに切り揃え・・

1階ウッドデッキ完成1階ウッドデッキ完成 その2

1階のデッキが完成しました(^^)

こんな記事も読まれています

ウッドデッキ作りのツボ 単管パイプでウッドデッキの基礎を作る 筋交いの入れ方 プレカットを利用するには