DIY 日曜大工で家をつくる
トップ > 雑記

タラの芽採り道具を作ってみた

諦めていた高い場所にも届くのだ (^^)v

自作のタラの芽採り道具でタラの芽を狙う


毎年GW頃の恒例だけど、家の周囲でタラの芽を採り天ぷらにします。

手が届かない場所にあるタラの芽は、いつもは長さ3mの手作りフックで枝を引っ掛けて、引き寄せて採ってるんですが・・・↓↓↓

一番簡単なタイプのタラの芽採り道具

もちろん、それでも採ることができないやつもあります。

ちょうど裏の沢の向かいから生えてるやつは立派なタラの芽をつけるんだけど、沢の真上なので高さがあり足場も悪く、毎年指をくわえて諦めていました。

そこで、今年は一工夫。
長い竿の先端でタラの芽を挟み、折り採ることができるような簡易装置を自作してみます。

自作タラの芽採り道具の先端部分詳細

メインの竿は胴縁材を使用。 ちょうど残材として1本余っていたのでコレを使います。
長さが3m65㎝あるけど、厚さ18ミリ、巾45ミリなので軽く、なんとか片手で持っていられるサイズ。

ご覧のとおり先端部に短い胴縁材を蝶番で固定し、紐を引いてタラの芽を挟めるようにします。

6ミリの紐を通すためφ10ミリ程の穴をあけ、輪ゴムの力で戻り過ぎないように適当な位置に結び目を設けておきます。

紐を引いた状態
自作のタラの芽採り道具でタラの芽を狙う

タラの芽の上から先端部を被せるようにして、良い位置に来たら紐を引き、タラの芽を挟みます。
紐を強く引いたまま、竿を90度回転させると・・・

タラの芽を収穫した瞬間

ポキッ!と、芽の部分だけ折り採れました。(^^)v

ポイントは挟む位置で、高すぎると芽の柔らかい部分を曲げる恰好になり、グニャンとした抵抗があるだけで折れません。

逆に低すぎると、固い木の部分に力がかかる感じになり、全く折れません。
・・・ていうか、木の部分を折っちゃたらダメだけどね。 その点、この道具では木の部分を折るほどの力がかけられないので丁度いいです。

収穫したタラの芽

採れました。 へっへっへ

下拵えして天ぷらにする前のタラの芽

早速、2階テラスで天ぷらにしますよ。 毎年恒例です。カボチャやナス、ピーマン、舞茸、なんかも一緒にね。

天ぷらにしたタラの芽

成功したときのビールは格別ですなぁ~ (^^ゞ

今はネット通販でもタラの芽を売ってるんだ~

 
家で快適に過ごそう!