自分で家や小屋・ガレージ・物置・隠れ家を建てるために・・・


D I Y 建 築 mini 講 座 基礎工事編P1  〜 基礎工事と建築基準法

ホーム  設計編 [       ] 基礎工事編[     以降は今後UP予定 ]  

U 基礎工事編    鉄筋コンクリート布基礎を自分でつくってみよう

DIYでこんな基礎をつくってみましょう。
では手順を追って・・・・
鉄筋コンクリート布基礎断面図

【 目 次 】
基礎工事編トップ
1 凸凹の土地を平にする(整地)
2 建築基準法との関係
3 道具は何を?
4 縄張り
5 水盛り・遣り方
6 根切り
7 地業工事
8 ベース型枠
9 鉄筋加工組み立て
10 生コン打設(ベース)
11 立ち上がり墨だし
12 立ち上がり型枠・鉄筋
13 生コン打設(立ち上がり)
14 モルタル天端均し・完成

1 凸凹の土地を平らにする(整地)

まずは整地です・・・

建築の本を読むと基礎のつくりかたが載っていますが、敷地はすでに平らに造成されたものでアル・・・との前提で書かれています。

ところがセルフビルドで家を建てようなんて人は、都会の真ん中のきれいな造成地に建てようという人はごく稀なのでは?

どちらかといえば田舎

それも、ひょっとして住宅地として造成された土地じゃなく原野? 
 (-_-;)

だから基礎工事をはじめるのは、一般的には建物の形を敷地に印す「縄張り」からなんだけど、実際のセルフビルドでは「整地」からはじめなくてはならない場面が多いと思います。


敷地が傾斜地だったり凸凹が激しいと、縄張りも遣り方もできたもんじゃない。
まずは整地します。

ちなみに私が自宅をつくったときは、多少の凸凹や高低差を無視して強引に遣り方をかけ、基礎工事をはじめてしまったために、深いところではかなり深く穴を掘らなければならず、その後何かと大変苦労しました。(^^ゞ

例えばこういう傾斜のついた敷地に建物を建てる場合、どうしましょう?

整地前
盛り土付き整地後

こ・・これは危険ですよね。盛り土したところはいずれ沈むから家が傾いてしまう。

整地

と、結局、盛り土を避けるなら一番低い高さにあわせて建てることになりました。




ということは、一口に整地といっても、ほとんどは土を掘り取って捨てる作業なわけです。

建物を建てる場所には盛り土はしません。

だから傾斜地を整地すると残土がたくさん出るのです。

1立方メートルの土を掘り出すと、その土の量は膨らんで1.25立法メートルにもなります。
(土の質によってかわるけど、ほとんどの場合は予想外に膨らみます。)

建てる場所がもしも傾斜地だったら、残土を捨てる場所があるかどうか確認したほうがいいですよ。

敷地ギリギリにしか建てられない狭い土地でしかも傾斜地ならば、残土を捨てるところがないため、誰かの土地に捨てさせてもらうか、しかたなく盛り土の上に建てることにして地盤深く杭を打ち込むとかを考えないと・・・



整地するときは、カッチャやスコップで手掘りするのもいいけど、かな〜〜〜り!! 大変な作業になるので腰が壊れるかも (-_-;)

ミニバックホウは建設機械レンタル屋さんで借りられます。これがあると非常に楽!

でも今は結構厳しくなって、レンタル屋さんでも運転資格(車両系建設機械運転技能講習終了証など)の確認をしますから、やっぱり資格をとらないと運転するのは難しいみたいです。

ミニバックホウで整地

資格をとってバックホウで楽に作業するか? 根性で手掘りするか?

いずれにしても、はじめから平らな敷地に建てるのが一番いいですね。

   ※ バックホウの関連ページ⇒
 バックホウを運転するには?


整地するときに仕上げ高さを確認しながら掘っていきますが、水平を見る専門の測量器械がなくても、こんな風にやると便利です。
簡易レベルで水平の確認

市販の水平器を、長くて真っ直ぐな板の上に固定し、それを目の高さくらいになるように、カメラの三脚などの上に乗せてセットする。これを、建物を建てる場所の外に据え付ける。
カメラの三脚はハンドルを回して高さ調整が出来るので、一方の高さを調整して水平器が水平になるようにする。
水平器を使った簡易レベル
整地して掘り取ろうとする仕上げの高さの位置に、木の棒(バカ棒という)を立てる。
水平器を置いている板の端から端を見通し、バカ棒に印をつける。
掘り取りする位置にバカ棒を立て、同じく水平器を通してのぞき、バカ棒につけた印が丁度下がってきた高さまで土を掘り取る。


・・・このようにして高さを管理し、掘り過ぎを防ぎましょう。

掘り過ぎてしまうと、一旦掘った軟らかい土を埋め戻すことになり、基礎地盤が弱くなってしまいます。

次は建築基準法との関係ですが、面倒な話が嫌な方は、基礎の作り方のページへどうぞ・・・
  次のページへGO ⇒ 縄張り・遣り方


2 建築基準法との関係

これからつくるのは、鉄筋コンクリートの布基礎というやつです。

人が永住する住宅なら基礎は鉄筋コンクリートでつくるのは当然としても、隠れ家や工房をつくるならこんなにおおげさな基礎でなくとも良いような気がします。

もっと簡単に、例えばブロックを並べてつくるとか。

ホームセンターにあるコンクリート沓石をたくさん並べて、それに土台を繋ぎとめるとか。
そんなんでいいじゃない?

と、思いたくなります。



建築確認は延べ床面積10平方メートルまでは要らないので、もしも、作ろうとする建物が2間×1間半などの3坪の小屋なら、基礎はブロックだろうが沓石だろうが丸太だろうが、法的に問題ないのですが、

それ以上の面積になると、最低限下の図の基礎になっちゃうので、これをDIYで、自分でつくってみようというわけです。


建築確認が必要な建物ならば、上の図の基礎は必要最小限のギリギリに近い内容なんです。
これ以下の簡易な構造だと、普通は許可が下りないと思ったほうがいいです。

鉄筋コンクリート布基礎断面図


建築基準法施工令には、

「建築物の基礎の構造は、建築物の構造、形態及び地盤の状況を考慮して国土交通大臣が定めた構造方法を用いるものとしなければならない。」

となっていますが、
その
「国土交通大臣が定めた構造方法」にしたがうと最低でも基礎は布基礎ということになります。


型枠をつくるのが面倒だからといって、フーチンの上にブロックを並べたりするのは布基礎とは認められず、許可が下りません。


「国土交通大臣が定めた構造方法」では、いろいろと条件選択があって細かい例外規定はあるものの、一般的に最低ライン


基礎の立ち上がりの幅は12cm以上
底盤(フーチン)の厚さは15cm以上、幅は30cm以上
根入れの深さは24cm以上

よほど地盤が良くない限り鉄筋コンクリートにするのですが・・・
基礎の立ち上がり部分の上端と、下部の底盤に12ミリ以上の主筋 (ということはφ13の異形鉄筋)
補強筋として9ミリ以上(ということはφ10の異形鉄筋)をフーチンと、立ち上がり部分の中に縦横に配置して主筋と連結。補強筋のピッチは300ミリ以内。

・・・という意味のことが書かれています。

これを守ると、上の図のような断面構造になるわけです。

※ 私の工房建物は倉庫という扱いで申請したため、布基礎の地上からの立ち上がりは 150でも許可してもらいました。床が高すぎると何かと不便なので・・
用途によっては必ずしも基準どおりでなくてもいいみたいです。役所の建築主事とよく話してみるといいです。


3 道具は何を?


私はこれまで鉄筋コンクリート布基礎を2回つくりましたが、建設業者ではないので、当然、業者が持っているような道具はありません。

業者さんが住宅基礎をつくっている様子を見ると、
メタル型枠だとか大量の単管パイプフォームタイなどの金属製仮設材料をたくさん使っているし、バックホウなどの重機も登場するので、

「こりゃー、個人でやって出来そうなもんじゃないな!」と思いがちですが、

やってみれば意外に出来るものです。


自分でもっていない道具や機械はレンタル会社から借りることが出来ますし、コンクリート型枠をつくるにしてもメタル型枠や単管パイプ、フォームタイがなければ出来ないというものでもありません。

昔ながらのやり方をすればいいんです。


こんな道具を使います。

自前の道具 カッチャ、スコップ、バケツ、透明ホース、丸ノコ、ドリルドライバー、ディスクグラインダー、さしがね、メジャー、巻尺、下げ振り、のこぎり、金槌、掛矢またはコノキリ、ペンチ、水糸、バール、左官ゴテ、ハッカー、一輪車、バーベンダー

レンタルする道具(機械)
転圧機械(ランマ、プレート)・・・・割グリ石や砕石の転圧に
高速切断機・・・・鉄筋の切断に
ミニバックホウ・・・・比較的大規模に土を掘ったりする場合にはあると便利(ただし運転には資格が必要)


さて、平らな敷地が確保できたら、いよいよ縄張り・遣り方をして工事のスタート。

これ以降はは次のページで・・・

(続く)








サイト内目次

ホーム



手作りハウス完成状況



工事の様子 写真付き解説


基礎工事(1)

基礎工事(2)

住宅模型

構造材加工

軸組み

屋根

壁の下地

窓サッシ

外壁

床下地

階段

電気配線

電話線

断熱材

換気システム

換気扇

水道

トイレ

風呂

内装壁

天井

フローリング

建具ドア

自作網戸






セルフビルドのための豆知識


設計って?(1)

設計って?(2)

設計図を描くには?

図面の種類は?(1)

図面の種類は?(2)

欠陥住宅にならないか?(1)

欠陥住宅にならないか?(2)

欠陥住宅にならないか?(3)

道具は何が必要?

バックホウを運転するには?

バックホウ運転資格取得講習体験記

生コンの「配合」って何?

鉄筋を加工するには?

工期が長いのは悪いことか?

「力」が必要なのはどの部分か?

重い材料を扱うには?(材木)

重い材料を扱うには?(屋根材)

重い材料を扱うには?(壁材)

模型をつくろう(1)

模型をつくろう(2)

模型をつくろう(3)

墨付けの原理

墨付けの道具(1)

墨付けの道具(2)

継ぎ手と仕口

丸ノコの話

基礎工事の材料、価格などについて

材木の価格、柱など

人工乾燥材について

集成材について1

集成材について2

材木の種類や寸法について

梁や土台について

アウトレット建材店について

建築資材の手配について

トップライトの話

屋根の勾配のことなど

屋根工事の話

設備との関係

電気配線工事の話(1)

電気配線工事の話(2)

第二種電気工事士の資格を取るには? 筆記試験編

第二種電気工事士の資格を取るには? 技能試験編

自分で電気配線工事をする手順






次へ