DIY 激安の木製プランターボックス


手作りプランターボックス

1個百数十円で買える普通の白いプランターはたくさんあるのですが、どうも面白みがないので、プランターを隠すように、ボックスを作ってみました。

ほとんど手持ちの余り材(スギ板)で作ったプランターボックスなので、費用は限りなくタダ
あえて材料費を(購入した場合として)計算してみると、1個あたり 木材⇒280円 塗料⇒220円  計 400円/個 くらい

材料は、厚さ12ミリ、幅180ミリのスギ板

じつはコレ、離れの外壁工事の余った端材で、長さもマチマチ

これを、テーブルソーで幅85ミリに切り揃え、さらに長さも揃えます。

型板を1枚作り、残りのすべての板にマーキングして・・

バンドソーで曲線部をカットバンドソーで曲線部をカット

パーツがたくさん出来ました。

塗装は、油性の木材保護塗料

アサヒペンの「ウッドガード」、ウォールナット色をチョイス

組み立ててからでは塗りにくい、木端(=板の側面)を、まとめて先に塗ってしまいます。

これなら何十枚も一気に塗れる。

屋外作業台の上で乾燥

今日はここまでで、明日、乾いてから組立作業ジャ!

プランターボックスの枠材は、厚さ18ミリ、幅105ミリのヌキ板をテーブルソーで半割りにしたもの。

これの側面に、装飾用パーツを6枚取付けます。

下端を揃えるため、作業台の上にあて木を固定して・・

フィニッシュネイラーで固定

部材がたくさん出来ました。

枠どおしはコーススレッドで固定し、全体を塗装して完成

既存のプランターはこのサイズなので、プランターボックスの上から落とし込むという形です。

木製プランターボックス2×4材で作った台の上に、プランターボックスを並べました。

まだ殺風景で何もない庭も、これで少しはマシになったかな(^^)

 木製手作りプランターボックス