DIY 日曜大工で家をつくる

便利なスイッチ・照明・コンセントなど

センサー付き、タイマー付き、暗闇で光る、コンセントや照明を簡単に増設・・・等々
便利なスイッチ・照明灯のイメージ画像


家庭の電気は無くてはならないものですが、使い方を誤ると思わぬ事故(火災)を引き起こすこともあるし、逆に、工夫次第でもっと便利になるものです。

例えばもっとコンセントを増やしたいとか、天井に何もないけど照明を付けたい、あるいは明るさを自由に調節したい、不在の時でもランダムに点灯・消灯させて家に人がいるように見せかけたい等々・・

目的に合った便利グッズは数多く存在していますが、もしご存じなければ勿体ない話です。

わが家でも使っているものを初め、いくつか紹介させていただきます。

誰でも簡単にできるものと、取付けに電気工事士資格が必要なものとがありますが、そこは明示してあります。

安全対策 火災予防

安全プラグカバー (トラッキング火災予防)

安全プラグカバーの拡大画像
安全プラグカバーがない状態 安全プラグカバーを付けた状態
トラッキング火災の動画
↓↓↓
 

こんな可愛いものあるヨ♪ (^^)

ねこのコンセントカバー

ねこのコンセントカバー

コンセントキャップ

コンセントキャップを差し込む瞬間 コンセントキャップを差し込んだ状態

埋込 扉付きコンセント

扉付きコンセントの拡大図 扉付きコンセントにプラグを挿す瞬間 電気工事士の資格が必要であることを示すスタンプ

ちょっと便利な、基本のスイッチ類

工事不要で、簡単にコンセントを増やしたい場合


埋込コンセントを増設するには、どうしても電気工事士の資格が必要になるんですが、資格無しでも簡単に増やせる方法もあります。

その分いろいろ制約があったりするけど、覚えておいて損はないでしょう。

1灯2差クラスタ

引掛シーリング増改アダプタ1型

電源タップ固定器

なお、本格的にDIYでコンセントを増設する方法については、こちらのページをご覧下さい。
↓↓↓
コンセントの増設方法

工事不要で、天井の好きな位置に照明を設けたい場合


天井に引掛シーリングが無い場合でも、壁コンセントさえあればそこから電源を取り、天井に照明を設けることができます。
電気工事士の資格も何も要りません。

ライティングバー コンセント型 リモコン付き

ライティングレールによる照明

引掛シーリングプラグ ライティングレール用

ライティングレール(=ライティングバーのこと ) に取り付ける引掛シーリングです。

ライティングレールには一般的に、ライティングレール用の照明器具を直接取り付けることが多いですが、
この引掛シーリングを取り付けることにより、ほとんどの照明器具が取り付けできるようになるわけです。

引掛シーリングプラグをライティングレールにはめ込む

引掛シーリングプラグが固定された

照明器具を取り付けた状態
なお、シーリングライト等の取り付け方については、こちらのページをご覧ください。
↓↓↓
照明器具の取付け方法

明るさやパワーを調整するスイッチ類


照明器具の明るさや、換気扇のパワーを無段階に調整できるスイッチ類は、多数販売されています。

パワーコントローラー

パワーコントローラー

埋込調光スイッチ  ロータリー式

電気工事士の資格が必要であることを示すスタンプ

埋込調光スイッチ (LED対応)

電気工事士の資格が必要であることを示すスタンプ

タイマーで スイッチON/OFF

ダイヤルタイマー11時間形

コンセントタイマー スイッチ式

遠隔地から スイッチON/OFF

SwitchBot スイッチボット

防犯にも役立つセンサーライト

人感センサー付きLED電球

熱線センサ付き自動スイッチ

電気工事士の資格が必要であることを示すスタンプ
↓↓↓

コード付きセンサーライト

コード付きセンサーライト

コンセントから電源を取るタイプなので、取付け簡単。
これはうちの工房の軒下に取り付けたセンサーライトですが、木ネジで下地に固定するだけでした。

センサーライト 人感 足元灯

室内用人感センサーライト

防犯にも役立つタイマー機能付き

あけたらタイマ

電気工事士の資格が必要であることを示すスタンプ

USB充電ができるタイプ

AC付き埋込USB給電用コンセント

電源&USBタップ(直挿し)


  ↑
私の著作物です
  ↓


ご存じでしたか?
ご存じでしたか?

こんな記事も読まれています

照明器具の取付け方法 引っ掛けシーリングの取付け方法 コンセントの増設方法 第二種電気工事士の資格を取るには スイッチ、コンセントの増設や配線方法 DIYによる電気の屋内配線