電話線配線のための事前準備

電話線の配線自体は、NTTに工事の申し込みをすると作業員がやってきて、配線していってくれました。
工事の日までに、セルフビルドをしている自分がやるべきことは、天井裏などに電話線を通すための管を設置しておくことです。

電話線を入れるため購入したTL管フレキ管と、管固定用の専用サドル
管の中に針金が入っています。これがミソですね。
あとから、電話線などを好きな位置に誘導できるんです。

CD管よりも安価なTL管 これで十分
(50m巻きで3000円でした。)

スイッチボックスとTL管壁内や天井裏を配管し、目的地にスイッチボックスを固定しておいてそこに出します。

電柱に向いた面の外壁に、穴を開けてフレキ管を出しておきます。
管の中に虫が入ってしまわないように袋をかぶせておきました。

あとは事前にNTTに連絡し、配線工事の日取りを決めます。

外壁の電話線引き込み口NTT東日本が来て工事していきました。電柱から電話線ケーブルを引き、あらかじめ外壁に穴をあけていた箇所にカバーを固定していきました。

TLフレキ管の中にあらかじめ通っている針金に電話線を結び、引っ張ると、目的地まで電話線を誘導できるわけです。

端末のモジュラージャックなどもつけていきます。
※モジュラージャックは電子部品ネット通販の RSコンポーネンツで購入できます。
 モジュラージャックとは、電話線などを接続するコネクターです。
 プラスチック製の爪の付いていて、簡単に脱着できるものです。

こんな記事も読まれています

DIYによる電気の屋内配線 テレビコンセントの設置とアンテナ線の配線